So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

合同庁舎に美味しい食堂があった! レストラン SUN SUN 山王店@秋田市 [食べある記]

View this post on Instagram

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1260728

秋田市でのランチタイム。
県庁や市役所、国の出先がある官庁街の山王。
そこでランチをいただくことにしました。

美味しい食堂はないかな・・・と探したら。

な、なんと!素敵な食堂を発見!
しかも、食べログに登録さえない、知られざる食堂です。

 

P1260749
秋田県庁というか県警本部の西側にあるビル。

P1260748
法務局などが入っている秋田合同庁舎
こんな誰でも自由に入れます。

なんで、こんなところにある食堂を発見したかというと・・・

実は、インスタで知ったんです。

インスタでフォロー中yokoyoko8474さん。 
いつも美味しそうな料理の写真をアップされています。
「母3人で食堂やってます」という食堂が、なんと、ここにある! 

 

「食べに行きまーす!」と事前に連絡して、お店に向かいました。

P1260747
ビルに入って正面の案内板。
そこに、ほら、あるでしょ?

P1260746
「レストラン SUN SUN 山王店」が営業中というお知らせ。

レストラン SUN SUN は、秋田県社会福祉会館、秋田県立プール、国際教養大学にもお店があるようです。でもメニューはそれぞれ独自のようですよ。

P1260745
左側の通路を進むと「食堂」がありました。 

P1260744
ランチのみの営業。
「おすすめ日替わりランチあります!」ってのが、とってもいいですよ。(*^0゚)v

P1260743
ここは、正式には法務局共済組合の福利厚生施設。
一般客用のレストランではない。でも、一般客も使えます。 

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 

秋田市民市場の食堂ですもん、美味しい魚で朝食を まんま@秋田市 [ 愛しき食堂]

View this post on Instagram

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1260716 

秋田市に行ったときのこと。
朝食は、ホテルではないところでいただきます。

向かったのは、秋田市民の台所、秋田市民市場の中にある食堂

P1260720
「お休み処・喰い処 まんま」さん。
「まんま」とは、最初の「ま」にアクセントがある、「ごはん」の意味ね。

P1260720 - コピー.JPG
朝定食や納豆定食があるじゃないですか。こりゃ、いいですよ。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 

飯寿司を肴に秋田の酒を 酒場よねしろ@秋田市 [飲みある記]

View this post on Instagram

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1260673 

秋田市での夜。
秋田市民市場近くの「永楽食堂」さんで、美味しい魚と美酒をいただいてから、もう1件。
民謡会館に行ったら「了解」さんはお休み。閉店したのかも?
民謡会館の居酒屋でなごやかに酒、しかも土産までもらって 了解@秋田市

会館の東側に、惹かれる居酒屋がありました。

P1260699
「酒場よねしろ」の看板。

P1260700
「酒場」ってのがいいじゃないですか。

P1260697
暖簾が下がったいい雰囲気です。

P1260698
紺色の暖簾をかき分けてお店に入ってみました。 

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 

日本酒好き、魚好きならここで 永楽食堂@秋田市 [飲みある記]

View this post on Instagram

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1260641 

先月、金足農高の記事をアップしましたように、秋田市へ行きました。
秋田市も暑かったですわ。

その秋田市で、食べたり、飲んだり、飲んだり、さらに飲んだりした記録をアップします。

まずは秋田駅の近く、秋田市民市場のすぐ近くにあるお店。
日本酒好き、魚好きに超オススメの居酒屋。

P1260632
「御食事処 永楽」さん。
美味しい日本酒がとってもリーズナブルにいただけるという、呑兵衛には嬉しいお店です。

いつも満席なので、前日に予約の電話をしたら、7時までなら席があるとのこと。
ぎりぎりセーフで予約がとれました。 

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 

平成30年北海道胆振東部地震 [雑記]

実家の札幌に帰省中。
6日午前3時すぎに大きな地震がありました。 

地震による土砂崩れや地割れ・液状化で建物が壊れ、多くの人が亡くなっています。
そして地震の後に全道が停電になって、約300万戸が被害を受けています。

札幌市の中心部にある実家でも、震度4(たぶん)の地震があって、深夜に家族全員が飛び起き。
そして何度かの余震の後に停電になりました。

道路の信号機もすべて消灯し、真っ暗な夜でした。

夜が明けると、停電のためにJRや地下鉄が運休し、信号機が点かないのでバスも運休。
ほとんどの会社も営業を停止していたと思います。

停電がいつ回復するのかわからず、スーパーに歩いて向かうと・・・

aeon.jpg
北海道新聞電子版9月6日夕刊より)
スーパーの前には長蛇の列!
入店制限しているお店に入るのをあきらめて、帰りました。 

幸いにも実家は、6日の午後2時ころに電気が通じたので、生活に大きな問題はありません。

しかし今も停電しているところが多く、断水しているところもあります。
救難作業や復旧工事も進められています。
被害に遭われた方々の生活がどう戻ってくるのか心配しています。

 

本題とは無縁ですが・・・。
「胆振」を「いぶり」と読むこと、震源地に近い「厚真町」「安平町」が「あつまちょう」「あびらちょう」と読むことが、こんなことで全国に知られるようになったのは、不幸です。


nice!(12)  コメント(2)