So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
 珍來・珍来 ブログトップ

「珍來」大研究 その4:珍來・珍来でラーメンと餃子を実食 [ 珍來・珍来]

東京の東部から、埼玉、千葉、茨城にたくさんある中華店の「珍來」「珍来」
その珍來についての大研究!
第1回は珍來の歴史編。
第2回は系列の現状編。
第3回は本社探訪編。

そして最終回の第4回は、実食編です。ヽ(^◇^*)/

全系列のお店で食べたラーメンと餃子の比較、オンパレードです!

 

【料理の特徴】

実食例の前に、珍來・珍来の料理の特徴をご紹介します。

◆ラーメン
まずはラーメン。
「珍来式手打ラーメン」がウリだった珍來は、やはりラーメン

◇麺
珍来の麺は多加水麺で、シコシコしている。
それが「珍来式手打ラーメン」の大きな特徴でしょう。

(株)珍來総本店と(株)珍來とはそれぞれ製麺所があって、直営店や暖簾分け店はその麺を使っています。
どちらも現在の麺は、太麺で断面が長方形の角麺を使っています。
(株)珍來総本店が販売する麺は太麺意外もありますが、太い麺は「珍来麺」という銘柄です。

原料については両社で違いがあります。
(株)珍來総本店では、日東富士製粉の中華麺用小麦粉「天壇」を100%使っています。
(株)珍來では、日清製粉との共同開発による専用小麦粉を使っています。

両社は製麺所で深夜から製麺し、朝に各店へ配送するそうです。

◇麺の変化
こうして暖簾分け店を含めて、現在は太い角麺を使う店が多いです。
ところが古い時期に暖簾分けしたお店では中細麺中太麺を使っていることが判明。

ということは、珍來では当初は中細麺を使っていたけれど、どこかの時点で太い角麺になったのではないか。
そう推測します。
「珍来式手打ラーメン」は、戦前、そして戦後も当初は中細の多加水麺だったけど、それが太麺になった。

では、珍來の麺がそういう変化をした時期はいつか?
1971年に独立した茨城珍来は、太麺でした。
だから太麺への変化は、その独立以前ではないかと推測します。

1963年に千葉県船橋市に製麺工場を設置(現在の(株)珍來)して、製麺業を本格化します。
これ以後に麺が太麺に替わったのかもしれません。

◇スープ
「豚コツ、鳥ガラ、煮干、昆布、数種類の野菜を加えて」と(株)珍來総本店のHPにあります。
こういう混合出汁の澄んだスープが珍來共通で、そのスープを各店で作っているようです。

 

そして餃子、さらにはなんとソース焼きそばがあります。

◆餃子
大きい焼き餃子がウリです。
この餃子も購入品ではなく、各店でつくっています。

◆ソース焼きそば
珍來・珍来には、どういうわけか「ソース焼きそば」が必ずメニューにあります。
きっと創業店から引き継がれているメニューなんでしょうね。
各系列の店舗のソース焼きそばと特大ギョウザを紹介する記事もあります。
 →加藤まさゆきさん「伝説の中華『珍来』、特大ギョウザと焼きそばを巡る」

 

【とんちゃんが訪問した珍来】

では以下にとんちゃんが実食した「珍来」を写真入で比較します。

珍來の料理のウリは、ラーメンと餃子なので、その2つを食べ歩きました。
ホントは炒飯も食べたいし、ほかの料理も旨そうなんですが、そんなに食べられない・・・

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「珍來」大研究 その3:本社探訪 [ 珍來・珍来]

昨日は珍來・珍来の系列について記事にしました。
それぞれの店は独立していますが、その中には多店舗展開している会社もあります。
(有)珍来の茨城珍来と(株)F・S・Sの東金珍来です。

今回は、直系の(株)珍來総本店と(株)珍來、そして暖簾分け店の本社の探訪記です。
実際にそれぞれの本社の前まで行って現場を取材しました。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「珍來」大研究 その2:珍來と珍来の系列 [ 珍來・珍来]

関東の東北部に広がる中華店「珍来」。
その実態についての大研究。

昨日は珍來の歴史についてまとめた歴史編。
今日はその系列の現状についてまとめた現状編です。

 

【現在の系列】

「珍來」は暖簾分けでお店が増えてきました。
ところが、「珍來」は1997年に商標登録されていますから、「珍來」を看板に掲げる店は限定されます。  
珍來」は直系と珍栄会などで、それ以外は「珍来」を名乗ることになる。
・・・はずなのですが、そう単純には言えないようです。

そんな珍來と珍来の系列を整理してみましょう。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「珍來」大研究 その1:珍來の歴史 [ 珍來・珍来]

つくば市に移り住んだとき、市内や周辺に「珍来」というラーメン店がたくさんあることにビックリしました。
犬も歩けば珍来に行き当たる、というくらいに多い。
そしたら、2013年にテレビ東京の深夜番組で放映された「めしばな刑事タチバナ」の第9回「中華チェーン緊急配備」にも珍来松原団地駅前店がしっかり登場しました。 やっぱ、多いのね。
  弊ブログの記事:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2013-06-16-1

そんな珍来のラーメンは、安くて平凡という感じ。
だから暖簾をくぐることはほとんどありませんでした。

ところが!
「平凡」と思っていたラーメンを「シンプルでなかなか旨いじゃないか!」と思うように変化してきたんです。
まぁ、年のせいで、サッパリ系を好むようになったせいかもしれません。

いえいえ、それだけではなくて、確かに旨いんですよ。
麺はシコシコしていていい感じ。
しかもスープがしっかりとってあって、化調がほとんど入ってない。

地元民の話では、珍来はお店によって味が違うと言われていたんですが。
調べてみると、実は「珍来」にはいくつかの系列があることを知りました。

ネット情報は、かのwikipediaに以前は「珍来」の記事があったようですが、今では削除されています。
しかしかつての記事が、goo wikipediaに転載されています。ただしこっちも削除されそうですが。
goo wikipediaには「珍来」、「珍來総本店」、「珍來」、「珍来そば坊」、「珍来東金店グループ」の記事があります。

ネット上にはそのほかいろいろ情報があるんだけど、調べていくと、全くの誤情報があることもわかりました。
そういうの気になるんだよね・・・ということで・・・

「珍来」についてとんちゃん流に大研究!

ネット情報に加えて実際にお店に行って調べた情報で正確を期しています。

だから本邦初、(かなり)正確無比の珍來情報です!v(゚ー^*)

記事が長いので4回に分けてアップします。(それでもまだ長いです。)
第1回は、珍來の歴史、そして直系の会社についてです。

【珍來の歴史】

株式会社珍來総本店、株式会社珍來のHPの情報を中心に、さらに加筆して整理しました。
正確を期しているとはいえ、今回のかなりの部分はとんちゃんの推測、想像ですから、全部が事実だとは信じないで下さいね。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
 珍來・珍来 ブログトップ