So-net無料ブログ作成

戦後を生きた食堂で昭和のランチ ゆりや食堂@札幌市 [ 愛しき食堂]

View this post on Instagram

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1270028

 

この秋のことを記事にしますね。
ランチどき、地元の食堂へ向かいました。

地下鉄「18丁目」駅の南側。
レトロな木造の長屋に食堂があります。

 P1270034
「ゆりあ食堂」さん。

紺色の暖簾に書かれた字を読めますか。
これで「きそば」と読むんです。

これは「変体かな」というひらかなで書かれたもの。
「ひらかな」は、漢字を崩してつくられているのは、ご存知と思います。
「万葉仮名」からつくられたもので、同じ音に数種類の文字があました。
でも明治になって、ひらかなが統一されたため、それ以外は異字体の変体かなと呼ばれれいます。

標準のひらかなでは、「そ」は「曾」、「は」は「波」を崩したもの。
しかし変体かなには、「」 からの「そ」(そ)、「」からの「は」(は)があるんです。
それで「そは」なのです。

というわけで、本来はお蕎麦屋さん。
前回はここで、ラーメンをいただきました。
無化調のサッパリ・スッキリスープをズズズズーっといただくラーメン

今回はなにをいただくか、楽しみです。

 

続きを読む


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理