So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

丸特漁業部からリニューアルした海鮮居酒屋でランチ 活魚酒場魚虎@虎ノ門 [ 東京ランチ]

View this post on Instagram

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1260267

虎ノ門の「こちら まる特漁業部」が、変わったらしいので行ってみました。

P1260282
ビルの地階にお店があります。

P1260280
「活魚酒場 魚虎」さん。
HPにある称は「虎ノ門 海鮮個室居酒屋 魚虎」ですが・・・。

「こちらまる特漁業部」は、エムケーコーポレーション(本社仙台市)が経営する宮城県の居酒屋。
2009年に東京の新宿靖国通り店、虎ノ門店が出店。
ただし虎ノ門店は、名古屋市に本社がある柳橋総合開発が経営していました。

その虎ノ門店が、今年4月16日にリニューアルオープンして「魚虎」になりました。
「まる特漁業部」のFC店から、独自ブランドの居酒屋になったということです。

だから、店名は替わったけど、経営者も店員さんも以前のまま。

ところで、「魚虎」の由来。
虎ノ門の活魚居酒屋なので「魚虎」なの?
魚虎は「鯱」(しゃちほこ)のこと。
鯱と言えば、名古屋城の金の鯱が有名。名古屋が本社の店名に似つかわしいですね。

 

P1260262
店内は「こちらまる特漁業部」のまんまで、ボックスごとに仕切られています。

P1260261
メニューは、魚中心。
っていうか、丸特漁業部のときと同じ!

マグロのカマ煮付け、まぐろカツ、海鮮丼は1000円前後。
サーモンハラス、トロニシン、トロサバの塩焼き、トロサバの味噌煮、牡蠣フライ、鶏の唐揚げ。
丸特漁業部のときには、宮城産の「金華サバ」もありましたけど、トロサバはノルウェー産ですね。

一番安いトロサバの塩焼きにしましょうかね。

メニューの最後に【セルフコーナー】のご案内。
ご飯おかわり自由。お茶、ホット/アイスのコーヒーもあります。

P1260263
◆トロサバの塩焼き定食
では、いただきます!(合掌)

P1260270
まずは味噌汁をひと口。
ワカメのみそ汁に、板麩が浮かんでいます。

P1260264
そしてレタスのサラダ

P1260267
メインのトロサバ。ノルウェー産です。

スーパーでも日本産のサバとノルウェー産のサバが売られていますが、見分け方を知っていますが?
実は見た目が違うんです。
サバは、身の側面に黒い縞模様があります。
その縞模様が、くっきりとした縞になっているのがノルウェー産。
日本産は、唐草模様みたいにゴチャゴチャしているんです。

味は?
国産がしっかりした味ですけど、ノルウェー産は脂がのっているんです。

P1260272
確かに脂がのったサバです。

P1260269
魚が旨いとご飯が進みますよね。

P1260268
可愛い冷奴もありますし。 
でもって、ご飯が少し足りない・・・

P1260275
セルフコーナーへ向かいました。
お茶やコーヒーがあります。

P1260276
そして大きな木目のご飯ジャー。

炊飯できない、保温専用のジャー。
4升=7.2Lものご飯が入るタイガー製の「電子ジャー」
保温温度を一定に保てるだけのことを「電子」と呼んだのは、電子レンジが登場する以前の懐かしい昭和の時代のこと。
家庭でも、おひつの代わりにこれがあると、温かいご飯がいつでも食べられた・・・。

P1260273
ということで、温かいご飯のお替りを少しだけ。

P1260279
アイスコーヒーもいただきました。

丸得漁業部のとき同じ営業で、美味しい焼魚定食をいただけました。
ごちそうさまでした。

食べログ: 活魚酒場 魚虎

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント