So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【あじかん】焙煎ごぼう茶でポリフェノールと食物繊維 [ モニター生活]

とんちゃんさん(@tonchannikki)がシェアした投稿 -

 

P1250914
(株)あじかんの「焙煎ごぼう茶」
その名のとおり、ゴボウのお茶です。

しかもプレミアムブレンド「ごぼうのおかげ」
2017年10月1日から発売開始された、新製品です!!

メーカーの「あじかん」は、広島市にある創業約50年の食品メーカーで、玉子焼から始まっり、和食食材を製造しています。
そんなメーカーが、ゴボウに注目して作ったのが「ごぼう茶」ですって。 

ゴボウには、食物繊維やポリフェノールが豊富ですからね。

ゴボウはアク=エグミが強いですよね。
あのアクの正体がポリフェノールなんです。

だからポリフェノールを残して、アクを抜く!
そんな製法を開発して作ったのが、あじかんのゴボウ茶ですって。
ごぼう茶の栄養については最後に書きます。

P1250916
中には、三角形のティーバックが7個入ってます。
ゴボウのいい香りがしていますよ。(*^^*)

 

 

 P1250915 
原料のゴボウは、国内生産量No.1の青森県産No.2の茨城県産のブレンド。
青森の生産者12名、茨城の生産者5名の方々が作ったゴボウですって。

ごぼう茶の淹れ方は、煮出しと水出しの方法があります。 

P1250918
ティーポットにティーバッグを1包入れ、沸騰したお湯を150~200ccを注ぎます。

P1250919
約2分間で完成です。

P1250920
紅茶のような色合い。
香りはゴボウ。そして甘い味がして、優しい味わいです。
渋みやエグミは全くなくて、美味しい。

P1250923
1包で2回淹れられて、計カップ4杯分(1杯=100cc)がいただけます。

P1250925
残ったティーバック。 

P1250926
このゴボウ茶殻は捨てずに残しておきましょう。
これが料理に使えるそうです。

お米と炊いて「ごぼう茶ごはん」、豆乳と一緒に「ごぼう茶のポタージュ」なんて使い方があるそうです。せっかくなので、作ってみようと思います。 


ゴボウには、食物繊維やポリフェノールが豊富

 

ごぼうお茶にどれくらいポリフェノールが含まれているのか?
メーカーがちゃーんと示しています。(すごい!)

polyphenol
あじかんショップより)
ティーバッグ1包に150ccのお湯を注いだ場合のポリフェノールの量です。
抽出時間が長ければ長いほどポリフェノールは多くなります
だから水出しで長時間置いた方がいい

コーヒーや緑茶、さらには赤ワインの方がポリフェノールが多いんですね。
でも、ごぼう茶は「ノンカフェイン」「ノンアルコール」なところがいい。
何杯でも飲めますからね。 

では、食物繊維は?

 

img_02
あじかんショップより)
ゴボウの食物繊維はとっても多い。

ところがごぼう茶のティーバッグ1包では・・・
150ccのお湯を注いだ場合は0.2g/100gほど、煮出した場合は0.1g/100gほどだそうです。少なっ!
だから茶殻を食べて、食物繊維を摂取しましょう


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント