So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オーダーは「野菜上限で!」 サブウェイ@羽田空港第1ターミナル [食べある記]

P1230826

2017年末、羽田空港から札幌へ向かったときのこと。
出発前に、空港で軽く食事。
今まで入ったことのないお店に行ってみました。

『ホットフラット・バジルチキン 』無料お試し券!! ←参加中

P1230832
「サブウェイ」さん。
ご存知のように、サンドイッチのお店です。
第2ターミナルにはなくて、第1ターミナルにだけあります。

ご飯党で麺好きのとんちゃんは、パン系のお店に入ることは、ほぼ皆無です。
でも、今回は、ちょっと試してみたいことがあって、ここに入ってみました。

「試してみたいこと」とは・・・それは後で。

 

初心者がこのお店でサンドイッチをいただくには、心の準備が必要です。
だって、サブウェイのサンドイッチは、オーダーメイドですから。
何をオーダーするのか考えておかないと、カウンターでシドロモドロになっちゃいますからね。

SUBWAYのHPには、注文方法の解説があります。
常連さんには何でもないことですけど、初心者には、大いにドギマギするオーダーです。

order

1.サンドイッチの種類を決める
2.パンを5種類から選ぶ
3.野菜の増減を決める
4.ドレッシングソースを決める

パンの種類だけでなく、パンの大きさ(レギュラーかフットロングか)、トーストするかどうかも聞かれます。

P1230833
というわけで、まずはサンドイッチを選びます。

ローストビーフ、えびアボカド、生ハム、ローストチキン、ターキー・・どれも美味しそうです。

オーダーはローストチキンにします。

カウンターのおねえさんは、客1人に1人が対応します。
そして可愛いおねえさんが色々質問します。
チョイスに困れば、お勧めチョイスもアドバイスしてくれます。
ほんの束の間ですけど、オジサンには嬉しい気分です。

さて、オーダーは・・・
サンドイッチの種類:ローストチキン
パンの種類:セサミ
パンの大きさ:レギュラー
トーストするかどうか:トーストする

「野菜はどうなさいますか?」

きたきた!

この質問を待っていたんです。(*^^*) 

yasai
サブウェイの野菜は、レタス、トマト、ピーマン、オニオン、ピクルス、オリーブなど。
その中から好きなものをチョイスし、量を増減することもできます。

野菜のサブウェイ

 

そこで、こうオーダーします。

「野菜全部!上限まで!」(^∇^)

すると可愛いおねえさんは、パンの間に野菜をドシドシ詰め込みます。
おねえさんの手の中のサンドイッチが、みるみるすごい状態になっていく。

ドレッシングソース:おすすめで!
ハニーマスタードソースだというので、アドバイスに従います。

こうして出来上がったサンドイッチがこれ・・・

 

P1230825
◆ローストチキン・野菜全部上限

P1230827
あふれんばかりの野菜量!w(*゚o゚*)w

P1230826
いやいや、パンから溢れているぞ!( ̄□ ̄;)!!

こんなにいっぱいの野菜。
サブウェイさんは太っ腹ですね。

でもこれ、どうやって食べたらいいんでしょう?

P1230830
両側からググっと押して・・・

P1230828
ちょいとコンパクトにして・・・これなら、なんとか口に入りそうです。

「上限」の量は明確じゃないけれど、「基準量」の1.5倍~2倍だそうです。
おかげで、ローストチキンがどこにあるのか分からないくらいに野菜がたっぷりです。

野菜たっぷりのサンドイッチ、美味しいです。
「野菜上限」のオーダー、気に入りました。

おねえさん、ありがとう。
どうもごちそうさまでした。

関連ランキング:サンドイッチ | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

 


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 2

式守錦太夫

私はホワイトで、ターキーブレスト、野菜はたっぷり、ソルトペッパーと頼みます。
オリーブもたっぷりって言ったら、ものすごい量が入っていたことがありました(笑)
これをむしゃむしゃしながら、ビールを飲み、プロ野球を観戦するのが好きです♪
by 式守錦太夫 (2018-01-10 01:00) 

とんちゃん

> 式守錦太夫さま
すごい!お気に入りオーダーがあるんですね。
オリーブたっぷり、はいいですね。
「全部たっぷり」のオーダーを試してみてはいかがでしょうか。(笑)
by とんちゃん (2018-01-10 06:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント