So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【サッポロ一番】麺の至宝「汁なし四川麻婆刀削麺風麺」:麺が旨くて花椒が効いてる [ 辛いカップ麺]

P1190918 

サンヨー食品が、今年4月から発売している「サッポロ一番 広島式汁なし担担麺」が麻辣で無茶苦茶に旨かったんでビックリしました。
 ⇒真打登場!サッポロ一番「広島式汁なし担担麺」は再現性高い

そんなサッポロ一番から、「汁なし四川麻婆刀削麺」が6月5日から発売されました!(*^0゚)v

P1190902
◆サッポロ一番 麺の至宝 汁なし四川麻婆味刀削風麺

ずいぶんと長い商品名ですが、「四川麻婆味」の「汁なし刀削麺」ってこと。
2017年1月から「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」という刀削麺のカップ麺を販売していましたが、その「汁なし」バージョンがってことになります。

メーカーHPの商品説明にはこう書いてあります。

特殊切り刃を使用することで刀削麺風を再現した麺は、厚みの違いによりつるつるとした食感と、しっかりとした食べ応えを楽しめます。
たれは肉感や調理感のあるポークエキスとチキンエキスをベースに、みそ、しょうゆ、豆板醤のうまみを合わせ、唐辛子、花椒、ラー油で辛みを加えました。
花椒の70%は四川省産を使用しています。
具材の肉そぼろのうまみ、豆腐のやわらかな食感と甘みがたれとよく合い、食欲をそそります。
ねぎのさわやかな風味がたれのおいしさを引き立てます。
赤唐辛子を加えて彩りよく仕上げました。
サンヨー食品「サッポロ一番 麺の至宝 汁なし四川麻婆味刀削風麺」より)

 

正確には、「刀削麺」ではなくて「風」が入った「刀削風麺」で、刀削麺に近い麺ってこと。
でも「特殊切り刃」で切り出す「刀削風麺」は、「弊社独自特許製法」になっているようです。
すごいですね。

実は、昨年の4月に「サッポロ一番 麺の至宝 汁なし担々刀削風麺」が販売されていていました。
昨年の製品は「汁なし担々刀削風麺」でしたが、今回は「四川麻婆味」になっての登場です。

その説明に麺のことがあります。
「麺は、薄い部分はつるつるとした食感で、味のりもよく、分厚い部分はしっかりとした食べ応えのある、弊社独自の特許製法による刀削風麺です。」
サンヨー食品「サッポロ一番 麺の至宝 汁なし担々刀削風麺」より)

単なる太麺じゃなくて、分厚い部分と薄い部分がある、まさに刀削麺みたいな麺なんですって。

P1190902 - コピー
【特製ノンフライ麺 熱湯5分】とあります。
5分」ってことは太麺だってことですね。これは嬉しい。

四川麻婆味」とあるけど、豆腐が入っているようで「麻婆豆腐」風なんですね。

花椒の70%は四川省産」だそうです。
あとの30%は四川省以外の中国産ってことでしょうか。

いずれにしろ、あの「広島式汁なし担担麺」を出した「サッポロ一番」ですから、この「汁なし四川麻婆味」には大いに期待します。

さて、どんなものでしょうか・・・

P1190903
「広島式汁なし担担麺」同様に薄い丼型のカップに入っています。

P1190904
豆板醤、唐辛子、花椒の文字が見えますね。 

P1190905
ビニールのラップをはがして。

P1190906
カップの中には、「かやく」や「調味だれ」。

P1190907
かやく」に「あといれ特製調味だれ」(液体)と「あといれ特製スープ」(粉末)。
唐辛子や花椒の「薬味パウダー」ではなく、「スープ」という名称になってます。

P1190908
そして
ぉぉぉおお!こいつは太い。( ̄□ ̄;)!!
これが「弊社独自特許製法」の分厚かったり薄かったりする刀削風麺ですね。

P1190909
かやくを投入。
ぉぉおっと!豆腐だ!(◎_◎;)

そうそうパッケージの写真からは「麻婆豆腐」でしたね。
鶏肉や豚肉の肉そぼろ唐辛子青ねぎも入っています。

P1190910
カップにお湯を注いで・・・

P1190911
5分間待ちます。

お湯を捨てると・・・

P1190912
豆腐が元に戻っています。(*^^*)

P1190913
角切りの太麺の感じがいいですね。

P1190914
液体の「あといれ特製調味だれ」を投入。

P1190915
ポークやチキンの香り、辣油や豆板醤の唐辛子の香りもします。

P1190916
粉末の「あといれ特製スープ」を投入。
花椒の香りが立ち上がります。
ちょっと舐めてみると、唐辛子と花椒、さらに生姜、加えて調味料の味がします。
だから「薬味」じゃなくて、「スープ」なんですね。

麺とスープをグチャグチャと混ぜ合わせます。
どんどん混ぜ合わせます。

混ぜ合わせると、花椒の香りが一気に立ち上がります。
いいぞ、いいぞ!

P1190917
太い麺にスープがしっかりと絡みついています。

では、いよいよ実食!

P1190918
いかにも辛そうなタレが絡んだ刀削風麺の太麺やいかに・・・。
太麺はもちもちしていて、いい食感です。

その直後に、キタ、キタ、キタァ!
花椒の香りが飛び込んできて・・・花椒の痺れが舌を襲います。

そして次の瞬間・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

唐辛子の辛さが襲ってきます。

唐辛子の辛さ(辣味)に加えて花椒の痺れ(麻味)がしっかり効いています。
さすが、あの「
広島式汁なし担担麺」をリリースしたサッポロ一番です。

とはいえ、痺れも辛さもやや控えめに感じます。

P1190919
そういうときのために常備している辣油と花椒

P1190920
まずが花椒を追加投入。 
いい感じで花椒が効いてきました。

P1190922
さらに辣油も投入。

P1190923
麻辣味が増強されたもちもちの刀削麺。

やはり太麺の方が中国麺らしくて旨いですね。

P1190924
完食です。

「汁なし担々麺」は、こういう太麺の方が本場物に近くて美味しいです。
唐辛子の辛さ(辣味)だけでなく、花椒の痺れ(麻味)をしっかり出しているところは、とてもいい。

でも麻辣味は、広島式汁なし担担麺」の方がしっかり強かったように思います。

この太麺で、「広島式」くらいに麻辣味が効いた「汁なし担々麺」をぜひ出してほしいです。
サンヨー食品さん、待ってますよ!

 

さて、弊ブログではカップめんの「汁なし担々麺」の記事をいくつかアップしています。

実は、汁あり担々麺のカップ麺を各社そろえて食べ比べているのです。
でも「汁あり」のカップ麺は販売歴が長く、他のブロガーさんたちが取り上げているので、今さら感があってアップしていません。
その代わりと言っては何ですが、「汁なし」はまだ歴史が浅いので記事にしようかな、と思っているわけです。

というわけで、汁なし担々麺やその仲間が今後も登場することと思います。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1