So-net無料ブログ作成

旨い中華をお安くランチで 紅燈籠桑園店@札幌市 [食べある記]

P1170404 

札幌で新年を迎えて、年明け早々にランチです。

JR桑園駅の東西ガード下に、イーストプラザとウエストプラザという商店街があります。

P1170418
東側のイーストプラザ内。
年明け早々なので飲食店はほとんど閉店しています。

P1170417
新年早々に開店していた中華店。

P1170419
紅燈籠(ホンタンロン)」さん。
「赤ちょうちん」って意味ですね。

札幌市内に何店かある中華店で、中国人経営の会社の直営店です。
このことについては最後に少し書きます。

P1170396
ビル外側の出入口はこんな感じです。

P1170420
ビル内の入口脇にランチのメニューがあります。

P1170421
日替わりランチは、豚肉と豆腐の塩炒め。美味しそうですよ。

P1170398
店内は壁際にカウンター、テーブル席が2列あって、小上り席もあります。

P1170397
ランチメニューはどれも680円(税込)
A:日替わり。今日はさっきの、豚肉と豆腐の塩炒め。
B:鶏がらスープ麺と炒飯
C:担々麺と炒飯
中華おかず定食:マーボー豆腐、チンチャオロースー、海老のチリソース、四川風ホイコーロー、鶏肉の辛味炒め
飯:天津飯、海老とレタスの炒飯、中華飯
麺:四川風担々麺、あんかけ焼きそば、北京風焼きそば、広東麺、鶏がらスープ麺

うーっむ、どれも旨そうじゃないですか・・。
どれにしよう・・・

麻婆豆腐に惹かれるけど・・・ここは四川料理店なんだろか?
四川料理専門じゃない店の麻婆豆腐には落胆するからなぁ・・・
「四川風」担々麺もそうなんだよな・・。
じゃぁ、日替わりにしようかな?

いや待てよ・・・「四川風」ホイコーローってどうだ?

回鍋肉は本来は四川料理の1つ。
四川の回鍋肉は、厚切りの豚バラ肉と葉ニンニクとを豆板醤主体に豆鼓とたっぷりとラー油で味付けしたものらしい。
四川風とはいえ、たぶんそれではないだろう。

だけどそんな四川っぽくなくてもきっと落胆しないはず。
ということで、オーダー決定です。

 

P1170399 - 3 

壁のポスターに「麻婆麺」がある。
ラーメンじゃなくて、焼きそばってのが変わっています。 

P1170401
箸立てにポイントカードの案内。
100円で5ポイント加算、1ポイント1円に使えるって。5%還元とはお得ですね。

P1170399 - 2
おっと、スープとライスがお替り自由だって。これはうれしいですね。 
毎月3のつく日はポイント倍返し!だって。10%還元だ!

5分ほどで料理が到着。

P1170403
◆四川風ホイコーロー

P1170405
大根のサラダがついています。

P1170406
そしてもやしの中華風サラダもある。

P1170404
さて、ホイコーローは皿にいっぱいある。
ボリュームあるぞ!
こいつはどう四川風なんだ?

P1170409
少しピリ辛で、これが四川風ってことかな。
甜麺醤をベースとしたやや甘めで濃厚なタレの味・・・これ、うんまいわ
調理方法は四川流ではなく、日本流。
でもピリ辛なのが四川風ってことかな?

でもどうせなら、もっと辛い方がいいや。

P1170402
ラー油あります。

P1170411
ラー油をかけます。
辛さが倍増された濃いウマのホイコーロー
こいつはおかず力がおっきいぞ。

P1170408
そして茶碗にご飯がいっぱい、てんこ盛り!
しかしおかず力が大きいホイコーローのおかげで、飯がすむぅ!

P1170407
卵スープも鶏がらスープで旨い。

P1170412
ご飯を1杯食べたけど、まだホイコーローが残ってます。
ここはご飯お替りですね。

P1170413
おかわりご飯
またもてんこ盛り!こんなに食べられるかな?

・・・・実は食べきれませんでした。ゴメンナサイ。

P1170416
食後には、コーヒーとデザートがセルフでいただけます。

P1170414
杏仁豆腐
アーモンドの香りは柔らかめです。

P1170415
コーヒーは薄めのアメリカン。

ホイコーロー旨かったですよ。
ライスもスープも食べ放題、杏仁豆腐やコーヒーもついて、この料金はうれしい。
このランチはお得ですね。

どうもごちそうさまでした。


ここを経営しているのは札幌に本社がある富威(ふい)株式会社で、本業は中国と日本の貿易。
同社は中華店「紅燈籠」を札幌市内に6店を出し、和食の「和縁亭」を札幌と北京に出店している。
その親会社は、中国人の向けの旅行社・北海道旅行(株)。
同社の社長は、中国の内モンゴル出身で北大で工学博士を取得した烏日娜(オリナ)さんで、彼女が富威(株)の専務をしている。
⇒ママ’sテーブル「株式会社 専務取締役 烏日娜様」:http://fit-h.net/mamas_table/blog/386
⇒北海道旅行株式会社「公司简介」:http://www.hokkaidotravel.net/jianjie.shtml

そんなわけで、中国人シェフによる本格的中華料理をいただけるんですね。

食べログ: 紅燈籠 桑園店

関連ランキング:中華料理 | 桑園駅


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0