So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

北海道新幹線とグルメ:函館のラッキーピエロと北斗市のホッキ貝ゆるキャラも [ 北海道と食]

ずーしーほっきー

北千住の加賀屋さんで飲んだ帰り、常磐線の車中でのこと。

P1140288
JR東日本は、青森・函館のPRをしています。
新幹線が函館まで延びましたからね。

旨そうなご当地グルメが並んでいます。
どれどれ、旨そうだなぁ・・・と見ながら、いろいろと連想。
ついでにググって記事にしました。

P1140288 - コピー.jpg
函館市の「函館朝市漁り火がごめ丼」だって。
漁り火が「ごめ丼」じゃないですよ、「がごめ丼」。
ガゴメ昆布を使った丼なんで「がごめ丼」なのね。

ホタテの混ぜご飯の上にガゴメ昆布やイカ、ウニ、イクラなどを載せた贅沢な丼。
函館朝市の新名物なんですかぁ。

実は、北海道新幹線が開業した3月26日に、函館朝市の飲食店が一斉に発売した新海鮮丼なんですって。
値段は1500~2000円。値段からして贅沢だ!
今月1月8~17日に東京ドームで開催された「全国ご当地どんぶり選手権」に函館朝市協同組合連合会として初出場し、見事、4位に入賞した逸品だそうです。

ところで、ガゴメ昆布とは・・・。
表面に「かごの目」に似た突起があるから「ガゴメ昆布」。漢字で書くと「籠目昆布」。
ガゴメ昆布はネバネバが多くて、真昆布みたいに出汁用には適さないから、全く嫌われ者だったんです。
ところがそのネバネバにはフコイダインという水溶性食物繊維が多く含まれているってことが解ってからは、健康食品として一気に注目されるようになった昆布です。

この丼もきっとネバネバしていて、健康によさそうですよ。
でも北海道新幹線の終着は北斗市にある新函館北斗駅だから、函館までは在来線に乗り換えないと行けません。

P1140288 - コピー (2).jpg
右は木古内町(きこないちょう)の「ほたて炙り丼」。

木古内町には北海道新幹線の木古内駅があります。
新幹線開業に合わせて、これまた新名物を作ろうと町で企画され、誕生した新メニューですって。
道南のブランド米「ふっくりんこ」のご飯の上に、木古内産ホタテが載って、さらにトマト、ピーマンなどのトッピングは各店自由、味付けも和風、中華風など店によって様々だそうです。

汁物・添え物・香の物付きで税込み950円ですって。こいつはお手頃価格です。
最終駅の1つ手前の木古内駅で降りて、この「ほたて炙り丼」をいただいてはどうでしょうか。

左は七飯町(ななえちょう)の「ソフトクリーム」。
なんで七飯町なの?
そこに総合車両基地「函館新幹線総合車両所」があるそうです。ほぉー!
新幹線の終着駅・新函館北斗駅から在来線に乗り換えて1つめの駅が七飯駅です。

七飯町というと大沼公園が有名なのですが・・・名産はソフトクリームですか。
牧場もあって、きっと超美味しいソフトクリームがいただけるんでしょう。

でも、とんちゃん的には、コアップガラナの工場の方がいいな。
コアップガラナについては、この記事をご覧ください。→http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2014-01-08

その中央にあるのは・・・ 

P1140290
函館市のハンバーガーショップ「ラッキーピエロ」のNo.1メニュー、チャイニーズバーガー。

ラッキーピエロさんは、函館が誇るローカルハンバーガーショップ
このお店は秀逸ですよ。

とんちゃんも1回だけ伺いました。
もう、すごいの!

とんちゃんがいただいたのは、1日20個限定で、元祖でぶやも「まいうー」と唸ったという伝説のメニュー。
THE フトッチョハンバーガー」800円。


幾重にも重ねられて、厚さが20センチを越えるハンバーガー!
あまりに分厚いので、真ん中に箸をブスっと刺して、形を維持しているんです。
 →ピサの斜塔を思わせる高層ハンバーガー ラッキーピエロ戸倉店@函館
  :http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2011-10-28-6

 

P1140289

北斗市のホッキ寿司

新幹線の新函館北斗駅ができた北斗市。
2006年に上磯町と大野町が合併して誕生した北斗市は、とんちゃんにはどうも馴染みがない。
旧大野町は内陸の町で、上磯町が名前の通り海辺の町でした。
旧上磯町は、クッキーやバターで有名なトラピスト修道院があるところ。
ちなみに函館市にあるのは、女性の修道僧がいるトラピスチヌ修道院です。

その北斗市(旧上磯町)の名物はホッキ貝ですか!
ホッキ貝の漁獲量日本一ですって。ほぉー、そうだったんだぁ!

でも待てよ?
新函館北斗駅があるところは内陸の旧大野町、でも寿司屋は海岸の旧上磯町だぞ。
新幹線の駅からタクシーに乗るか?10キロ以上あるなぁ。

ちなみにホッキ貝の語源はアイヌ語の「ポッキセイ」で、「北寄貝」は当て字です。
そのアイヌ語はどういう意味か・・・・恥ずかしくて、言えない。(*^~^*)
 正しい語源を知りたい方はこちらをどうぞ。→ホッキ貝の語源:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2005-08-29

北斗市ではホッキ貝をモデルに、2013年に、ゆるキャラの「ずーしーほっきー」が誕生したそうです。
しかし、それが、もう・・・・・キモイの!

 

http://www.city.hokuto.hokkaido.jp/uploads/fckeditor/info/kikakuHP/uid000013_20140120224401cb14fed5.png

http://www.city.hokuto.hokkaido.jp/uploads/fckeditor/info/kikakuHP/uid000013_2014012022572329901442.png
北斗市「ずーしーほっきー画像データ集」より)

これがキモイと評判の「ずーしーほっきー」くん。
キモイっていうか、むしろそれを狙っているみたなの。(*^^*)

こんなのもあるんです。▼

ずーしーほっきー
ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイトから)
これはちょっと可愛いかな?(*^^*)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0