So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

めしばな刑事タチバナ:第1話(1) [ めしばな刑事タチバナ]

「めしばな刑事タチバナ」の第1話「立ち食いそば大論争」について、フムフムと思ったところを紹介しましょう。
ドラマでも原作でも「第1話」ではなくて、「第1ばな」という呼び方をするんですけど、ここでは原作は「第○ばな」、ドラマは「第○話」という呼び分けをすることにします。

さて前回、紹介したようにドラマは3部構成になっています。

第1部が本編で、取調室を舞台にタチバナ警部が「めしばな」をしながら、被疑者のアリバイを結果的に崩すという刑事物風ストーリー。
ここでは身近メシをめぐる熱い男達のバトルが交わされます。

第2部は、タチバナの檀家(情報屋)である竹原との会話。
竹原が立花に情報を漏らす、という設定なのだけれど、その情報の内容はもちろん「めしばな」。
第1話、第2話では「山田うどん」、第3話、第4話では「蒙古タンメン中本」、第5話では「餃子の王将」のネタです。

第3部は、スイーツの話題。
村中巡査と城西署の婦警がつくったサークル「甘味部」での身近スイーツの紹介です。

第2部は、ネタが少ないのと1話完結でないので、別の機会にまとめて紹介しようかな、ってことでしばらく保留にします。
第3部の甘味部は原作でも出てくるけど、原作でのネタはほとんどなくて、ほぼドラマのオリジナルだし、そもそもスイーツはとんちゃんと無縁な世界なので、パスします。(笑)

ということで第1部のみを紹介します

第1話は「立ち食いそば大論争」。
脚本:田口佳宏、監督:宝来忠昭です。

紹介するのは以下のことです。

◆ドラマで出てくる「めしばな」のネタ
◆身近メシの商品の良さや薀蓄を熱く語る、タチバナの熱い語り
◆食に関するタチバナの主張
◆タチバナ流の食べ方「立花流レシピ」。

◆「めしばな」のネタ

さて、最初はドラマに出てくる商品を紹介します。
第1話の「立ち食いそば」で登場するお店とメニューは、以下のものたちです。

紹介メニュー原作
富士そばカレーかつ丼
天ぷらそば、春菊天そば、コロッケそば
第1ばな
ナポリタン第20ばな
冷やしつけトマトそば、揚げたこ焼きそば
ミニお好み焼き風紅しょうが天丼セット
さんまかば焼き丼セット
梅もと薬膳天そば、天丼セット
まぐろ丼セット、とろろ丼セット
第9ばな
越後そばちくわ天そば、かき揚げそば、山菜そば
吉そばえび天そば、特製吉そば第11ばな
ゆで太郎きつねそば、肉そば、もりそば大もり第10ばな
いわもとQかき揚げそば、天ぷらセット大盛り第11ばな
嵯峨谷もりそば、小あじ御飯セット、あじ御飯

 

原作ではどこで登場するかも書いてみました。
原作の第1ばな「カレーかつ丼」と第9~12ばなの「立ち食いそば大論争 その1~4」、第20ばなの「立ちそば店のナポリタン」が元ネタになっています。

しかしご覧のように、ドラマに出てくるものには、原作にはないネタがいくつかあります。

その反対に原作にはあるのに、ドラマでは出てこないものもあります。
第12ばなに少し登場する「かめや」や「笠置そば」がドラマでは出ませんが、重大なのは、第1話で重要な役割を持って登場する小諸そばの「小諸そば」です

韮沢課長とタチバナとが立ち食いそばのバトルをする中でのこと。
タチバナが「じゃぁ、お聞きします。課長の今の一番のお気に入りはどこの何そばですか。」という切り込み。
それに対する韮沢の回答は・・・。
ドラマでは越後そばの「ちくわ天そば」です。
しかし!
原作では小諸そばの「小諸そば」なのです。

原作では、店名を冠した「小諸そば」がいったいどういうものなのかを捜索する韮沢課長のめしばなが語られますが、もちろんそれもドラマではカット。
でもなぜ小諸そばを取り上げなかったのか?

「山かけ」がいけなかったのか?(「小諸そば」は山かけなんです。)
取材拒否か?なんてツッコミもありそう。
このことは、次回、考えてみます。
ここではとりあえず、制作上の理由があったのだろう、ということにしておきましょう。

 

◆タチバナの熱い語り

さて、このドラマで面白いのところは、タチバナの熱い語りじゃないかと思います。そのうち今回は2つだけ紹介します。

◇タチバナ、梅もとの「薬膳天そば」を語る

食べたときの感じが実にリアルです。

ドラマは原作での語りをかなり忠実に再現しているので、ここではその両方を示してみましょう。
( )の中はドラマの台詞で加えられた部分、取消線は原作から削られた部分です。

ここから1駅離れたところにある立ち食いそばの偉大なる老舗「梅もと」の「薬膳天そば」350円。
<五島らとの会話>
こっちの薬膳は(いわば)「かき揚げ天」のバージョン2。
(そいつはなぁ)衣の中身がちょっと違うんだよ
タマネグ、にんじん、ネギ、にんにく、クコの実、あとはたぶん・・・松の実も入っている。

つゆにじゅわっとつける(、そうする)と、まずにんにくの香りと衣の油分がつゆ全体にしみ(わたっていく。)出してだなぁ、(そして)ほおばる(。すると)モチャっとふやけたクコの実が口の中(を・・・)ほぐれていく・・・。
ときどき舌の上にころがってくる松の実の食感が、また、たまらん。
まるで中国4000年の彼方に時空移動したような・・・。
というほどではないが、うまいことに間違いはない。

店によって値段は若干違うが、わずか300円台で”薬膳”と名のつく料理がたべられるのは、梅もとぐらいのもんだろう。
<五島・村中の会話>

(例えるなら、中国4000年の彼方に時空移動させてくれるそば。それが梅もとの名作、薬膳天そばだ。)

原作の語りがほとんど再現されているのがおわかりかと思います。
でも、こうやって両方を書くと煩雑なので、以下ではドラマの台詞だけにして、原作と大きく違う部分についてコメントすることにしますね。

 

◇タチバナ、富士そば「カレーかつ丼」を語る

タチバナの熱い語りをもう1つ紹介します。
第1話は、立ち食いそばがテーマなのですが、「そば」ではなくって、なんと「カレーかつ丼」という珍妙なメニュー。
しかもそれは、タチバナが城西署に飛ばされた原因となったメニューなのです。

やられたね・・・。ここまで堂々としてるとは・・。
例えるなら・・・茶褐色の大海原に浮上した・・・幻のカツ大陸・・・。
甘口のそば屋専用カレーと作り置き路線に進化したソフトカツ・・・。
個々に見れば専門店とは正反対のベクトルにも関わらずかかわらず、見事に調和していやがった。
・・・いや調和というのも少し違う・・・。
互いに邪魔せずに”共存”している。そう言った方が正しいな。

この場面を見てカレーかつ丼を食べたくなった!
かどうかは、どっちでもいいですけど。(笑)

新たなメニューの出現を前にして、突撃せずにはいられない、フードファイター・タチバナ。
その戦いと戦果の熱い表現、といったところでしょうか。

第1話では、さらにタチバナが本来の立ち食いそばとは何か?を論じるんです。
そこのところは明日に回します。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 2

ぐちぐち

あまりに心惹かれ、youbeで検索しちゃいました。ドラマの全編は見られないみたいで残念! でも心惹かれます。
by ぐちぐち (2013-05-21 05:30) 

とんちゃん

> ぐちぐちさん
YouTubeにはないですけど、ネットで全編を見られますよ。
文字よりもずっと面白いです。
by とんちゃん (2013-05-21 07:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0