So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

津波の傷跡と復旧 福島県相馬市 [3.11以後]

これまでアップしたように、福島県相馬市に行きました。

hukusima.jpg

相馬市は、福島県の浜通り北部にある市です。


大きな地図で見る


日本地理学会「津波被災マップ」:
http://map311.ecom-plat.jp/map/map/?mid=40&cid=3&gid=0

赤い十字のあたりに、今回泊まった「旅館いさみや」さんがあります。
その北側が海水浴場で、さらに北には相馬港があります。
旅館の南に広がるのが潟湖の松川浦。
松川浦の東には、太平洋との間に砂州があって、かつては美しい松林がありました。
緑色をしていますよね。

3.11の津波は、地図の赤い部分に遡上しました。
青い部分は集落があって、家屋の多くが流される被害を受けた範囲です。
宿のところも浸水域です。

松川浦の西には田んぼがありますけど、津波は田んぼを飲み込んで、国道6号バイパスのところで止まりました。
松川浦の南端にある磯部地区の様子については、前回ご紹介しました。
前回の記事:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2012-09-14-1

今回は水田が広がるあたりを中心に現在の状況を記録します。

赤い十字のところが、今回宿泊した「旅館いさみや」さんがある場所。
その周囲が浸水したことが示されています。
前回ご紹介したように、その南側の木造住宅は津波で流されて消失しました。
赤い津波遡上範囲でも、激しく家屋が流出しているわけです。

地図の中心から少し南に、相馬市の「スポーツセンター」があります。
その北の出っ張った部分に、今は市場食堂で営業する「割烹の宿 文字島」さんがありました。
http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2013-02-20-4

さてそのスポーツセンターですが。

パークゴルフ場などが再開されていて、憩いの場になっている。

パークゴルフを楽しんでいらっしゃいます。

しかし、そのパークゴルフ場の向こう、東側に、ガレキが見えます。

壊れた船の残骸です。

パークゴルフ場の北側にも船の残骸。

中小の船の残骸が山積みされています。

googleマップでも、しっかり確認できます。

浸水した水田の中央を走る道路(赤い十字のある道路)を北から南へ車で通りました。

道路の右(西)は復旧が進んでいますけど。左(東)はまだ手つかずです。

道路の西側では、海から水田に堆積した土砂をとり除いている。

大きなU字溝がゴロゴロ置かれています。
用排水路の工事に使うのだと思います。
今年の田植えには、間に合うのかな?
今年は除塩して、来年から稲を植えるのかもしれません。

道路の東側はまだ復旧は手つかず。
4月以降に工事が始まるのかもしれません。
復旧工事は原則として3年以内に終了させることになっていますが、それは難しい状況にあると思います。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1