So-net無料ブログ作成

作務衣系ラ店のクリーミー味噌と清湯塩の好対照、そして味付餃子 麺や蒼(AOI)@つくば市 [食べある記]

昨年12月のこと。
つくば市で人気があるらしいラーメン屋さんに行ってみました。
場所は、竹園公園の東側。スーパーのカスミの近くです。
広い駐車場が、お店の裏にあります。

「麺や 蒼(AOI)」さん。
「つくば 味噌ラーメン」という看板が掲げられています。みそがウリですね。
「武蒼」の支店だそうです。

店内にはI字型のカウンターと4人掛けのテーブルが2つ。
ほぼ満席で、丸椅子に座って順番を待っている先客が4人いました。

お店に入ると正面に券売機があります。
何にするか迷います。
幸い、後ろにお客さんが並んでいなかったので、落ち着いてメニューを選択しましょう。
 ラーメン     750円。
 海老香味ラーメン 850円
 チャーシュー麺  950円
 しゃも塩     700円
 汁なしそば    750円
 つけ麺      800円
 海老醤味つけ麺  900円
 肉つけ麺    1,000円
大盛りは同じ料金、麺特盛り100円

トッピングは
 味玉、のり、ねぎ増し、温泉玉子、粉チーズ、辛味は100円
 辛味ハーフ、魚粉、タマネギ増し50円、メンマ150円
 チャーシュー200円、あぶりチャーシュー250円、ほぐし肉150円

サイドメニューは
ライス150円、半ライス100円
ミニラー油丼200円、ミニほぐしラー油丼300円、武蒼ギョーザ250円

「ラーメン」としか書いてませんけど、デフォルトの「ラーメン」が味噌なのね。
で、「しゃも塩」が塩なんだな。

「しゃも塩におすすめ 茶づけセット150円」という張り紙がある。
でも、券売機にはそんなメニューは見あたりません。

「武蒼ギョーザ」は、ニンニクが入っていません、と書いてあります。

さて、カミサンは「しゃも塩」700円をチョイス。
私はデフォルトの「ラーメン」。
子どもはラーメンの大盛り。「餃子もね!」と叫ぶ子ども。
はいはい、わかってますよ。当然チョイスですよ。

食券を買って、丸椅子に腰掛けて順番を待ちました。

店内には、厨房に男性が2人、フロア担当は若い男の子1人と女性1人。
店員は、黒いTシャツを着て、頭には黒いタオルを巻いている。
そして店内にはジャズが流れている。
店名に「ラーメン」を使わず、「麺や」という。
清水健朗『ラーメンと愛国』が定義するまさに「作務衣系」のラーメン店です。

アルバイトらしいフロアの男の子はとてもおとなしい。厨房からも威勢の良いかけ声はかかりません。
ラーメン屋にしては、いかにも静かな店内です。

ラーメンもどんどん配膳されてる感じじゃない。
多くても一度に2つしかつくっていないようです。かなりのスローペース。

5分ほど店内を観察していると、カウンター席に通されました。

お冷やはセルフです。

女性に食券を渡すと、「しゃも塩」をオーダーしたカミサンのところに黒板を持ってきました。
「しゃも塩」のチャーシューは選べるんです。
バラあぶり、バラロール、真空低温、炭火焼き、とりチャーシューの5種類。
あっ!「茶づけセット150円」も黒板には書いてありました。

カミサンは即座に「バラあぶり」をオーダー。
茶づけセットはパスです。

カウンター上の調味料セットに、一味唐辛子がある。
うむ、味噌ラーメン用にぬかりがない。これはさすがだ。
あれ?ラー油と酢はあるけど、醤油がない!
餃子に醤油はいらない、ということと見受けた。

箸は、黒いプラスチック製のリユース箸。

さて、ラーメンが出てくるのに、かなりの時間がかかります。

しばらく待って、カミサンのしゃも塩の登場。
透明で澄んだ清湯スープに油が浮かんでいる。
でかいバラあぶりチャーシュー、味玉、白っぽい色の長ーいメンマ、水菜と九条ネギがトッピングです。

八郷軍鶏の鶏がらから作った濃厚な味のスープ。
麺はストレートの細麺、博多系の低加水の麺です。

上からの写真しか撮らなかったけど、ラーメンの器は、正三角形を逆さまにした感じでかなり背が高い、白い幾何学的な丼です。

私のラーメン。
黒い丼の形がかなり歪んでいる。それぞれぞれ個性的な不揃いの黒い丼で、しゃも塩とは全く対照的。

トッピングは、トップに白髪ネギ、脇に玉ねぎのみじん切り、シナチク、チャーシュー、丼の端の方に魚粉。

スープの量はすごく少ない。
1口すすってみると・・・ドロドロで、ぬ、ぬるい。
なぜこんなに温いのか。ラーメンとしてありえないぬるさです。

不思議に思いつつ、トッピングの下の麺を堀り出して、すする。
麺は中太の平打ち、やや縮れがある。
加水率は低いのかな、モチモチした歯触りです。
おっ、熱い!そう、熱いんです。

スープの上は温くて、下が熱いという二重構造のスープになっているようです。
まぜて食べないといけない。

スープは豚骨スープと魚介系のダブルスープの味噌味。
ドロドロというかクリーミーで、意外にマイルド。ちょっと甘味がある。
スープ自体はあまり魚介っぽくないが、魚粉を混ぜるとぐっと魚臭くなる。魚粉まぜない方が個人的には好みです。

スープは3日間かけて丁寧に仕上げ、味噌ダレは信州味噌をベースに3種類のフルーツ等を調合している、とか。

チャーシューはモモのようです。

メンマは普通の形状ですが、シャキッとして、しっかり出汁の味がする。
これはなかなか美味しいです。

一味を入れて、味を辛くしました。
濃厚な味噌煮はやっぱり一味唐辛子ですね。

ギョウザ。
味が付いているのでそのまま食べるか、好みで柚子胡椒で食べて下さい、だって。

柚子胡椒でギョウザをたべると、サッパリして美味しいんです。
ニンニクの入っていないギョウザには、塩辛すぎない味がついていて、そのままいただきました。酢をつけて食べても美味しいです。

ラーメンを食べきったところで、残ったスープに半ライスを投入。

味噌スープでご飯をいただきます。
トロリンとした味噌スープの雑炊みたいなご飯。これが旨いんだなぁ。

ということで、見事に完食。
旨かったぁ。

個人的には魚粉なしの方がいいな。
カミサンと子どもは清湯系が好きなので、このクリーミーな豚骨味噌は苦手。
だからしゃも塩のスープは気に入ったそうです。ただし博多風の細麺じゃない方がお好みのようでした。

今風の作務衣系ラーメン、ごちそうさまでした。

食べログ: 麺や 蒼




関連ランキング:ラーメン | つくば駅


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 10

コメント 2

こまっち

どちらのスープもそそられます。どちらかに決められませんね。
by こまっち (2012-01-28 21:54) 

とんちゃん

こまっちさん
どっちもそれぞれ美味しいです。
ただ、好みから言うとサッパリ系なんですけどね。

by とんちゃん (2012-01-29 03:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0