So-net無料ブログ作成

山盛りキャベツの上に次々繰り出す串焼きたち 串焼き狄@新大阪 [飲みある記]

新大阪での夜。ここって、お店が少ないんですよね。
ホテルにあった地図を頼りに近くのお店を探してみました。
「一作」というお店があったんですが、やや高級そうな日本料理店に見えたんで、やり過ごしました。

「串焼き」なんて、庶民的なんじゃない?

いい感じの暖簾ですね。
「萩」ですか?あぁ、「狄(てき)」ですか。

店内は長いカウンターのみ。ウナギの寝床のようなお店です。
そのカウンターの一番奥に席をとりました。

メニューを見ると串焼き1本200円程度でちょっと高いかな。

電車の中でビールを飲んでいたので、早速焼酎にしましょうかね。
メニューにマッコリが載っていたので、私はそれをお願いしました。

カウンターの中で、おねえさんが一升瓶から注いでくれています。

白濁したマッコリ。
甘酸っぱさが好きなんです。

お通しに、ちぎられたキャベツが山盛りで出てきました。
キャベツには特製のタレがかかっています。
これはお替わり自由ですって。

さて、何を頼みましょうかぁ。
おねえさんが、おまかせでどうですか?って言うんで、それにしちゃいました。

店名の「狄(てき)」って、珍しい名前です。
「夷狄(いてき)の狄だね」って私が言ったら、「東夷、北狄、西戎、南蛮。だから北の遊牧民ですね。」なんてTさんが意外な博識を披露。
そうそう、そうでしたね。
でもそれが串焼きとどう関係するのかは、わかりませんが。

初めに、黒毛和牛ハラミとウズラの卵が来ました。
串焼きは、山盛りキャベツの上に串焼きをのせてくれます。
こういう出され方は、初めてだな・・。
お皿を汚さないためかな?テーブルが皿だらけになるよりはいいかな。

黒毛和牛ハラミは、旨くないわけがない。値段も300円といいしね。
タレ焼きで、そのタレが甘くなくて旨い。
美味しさという点では、いいお店です。

レバ刺し(650円)をオーダー。
鹿児島産和牛の生レバーですって。

塩がかかっていて、これは旨い!
3人で食べたから、量が少なかった。もっと食べたかったなぁ。

せせり。
せせりって何ですか?なんて言われるもんだから・・
ここは鶏の首の部分で、一番美味しいところですよ、って講釈たれました。

おっと、唐辛子をつけましょう。
一味唐辛子は壺の中に入っています。

皿にたっぷり盛って、チョコチョコつけていただきます。

マッコリはアルコール度数が低いし、飲みやすいから、すぐに空いてしまいます。
やっぱり焼酎にするかな。

松露をいただきました。

宮崎県串間市の松露酒造の焼酎です。
最近では見かけるようになりましたけど、かつては地元消費のみの焼酎でした。

砂ずりと銀杏。
砂ずりは、シャキっとした食感がいいです。それとマッタリした銀杏。

つくね。大根おろしが載っています。

ここで、ちょっと串焼きは小休止してもらいました。

串焼きを再開してもらって、軟骨タレ。
舟形でY字形をした「やげん軟骨」。胸骨の先の柔らかい部分です。
漢方薬や生薬をすりつぶす道具「薬研」に形が似ているから「やげん」と呼ばれています。

シシトウ。タレ焼きのシシトウの上で、花カツオが踊っています。

最後の〆は、気になっていたものですね。
「こだわり 卵かけごはん」400円。

ご飯の真ん中に、オレンジ色の黄身だけが乗っている。
これに出汁醤油をかけていただきます。
美味しい、だって。
私はメタボ防止で、遠慮しました。(涙)

沢庵と昆布の佃煮もつきます。

串焼きは美味しかったです。
酒代入れて1人5000円弱。ちょっと高めのお値段ですかね。

ごちそうさまでした。



関連ランキング:串焼き | 東三国駅新大阪駅三国駅



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0