So-net無料ブログ作成

野菜たっぷりちゃんぽん 井手ちゃんぽん@佐賀市 [食べある記]

大臣閣というラーメン屋に行ったら・・なんとお休み。不定休だもんね。

そこでSさんの案内で次の店へ。

「井手ちゃんぽん」です。おぅ、ここに来たか!
実はすぐ向かいの「うまかどん」も考えていたんですけど、でもここにしました。

「井手ちゃんぽん」は佐賀県武雄市北方町に本店がある昭和24年創業のお店。
「井手ちゃんぽん」は県内では有名なお店のようです。
ここは、その本店からスープをとりよせて使っている「名代 北方 井手ちゃんぽん」の諸富店です。

店内は大きな厨房を囲んだカウンターとテーブル席がたくさん。

メニューは基本「ちゃんぽん」です。

ちゃんぽん 650円。
めん大盛、野菜大盛 150円プラス。
野菜めん大盛 250円プラス。
特製ちゃんぽん 850円っていうのもあります。

あれ!かつ丼とか玉子丼もある。

ちゃんぽん発祥地の長崎県では、ちゃんぽんは中華店のメニューだからかつ丼なんかとは絶対に同居しない。
けど佐賀県では、ちゃんぽんとかつ丼とが同居するお店が多いというか普通みたい。
定食屋ではラーメンとかつ丼が同居するのが普通、というのと同じ感覚かな。

特製ちゃんぽんは、キクラゲ、卵入りで、盛りつけに時間がかかります、っていう掲示があります。

このお店は「健康づくり協力店」ですって。
保健所(ってことは大元は厚労省)が勧めている制度みたいです。
野菜は1日350gを目標に食べましょう、ですって。このお店のちゃんぽんは野菜が200gm以上使われているから、これを食べると目標にかなり近づきますね。

ってことは、野菜がいっぱい使ってあるってことなのね。

さて、来ました。
おおぉぉぉ!野菜のピラミッドだぁ!
平たい丼に、野菜がドーンと載っています。
これが普通盛りです。

Eさんのは野菜大盛。
ピラミッドがさらにそびえて巨大になるんじゃなくて、丼がでかい。

こちらは特製ちゃんぽん。
キクラゲと生玉子が載っています。
上から見ると平板ですけど・・

やはり盛りがいい。
単にキクラゲと生玉子が載るんじゃなくて、丼が大きくて野菜も多い。

食べる前に興奮気味です。
さて実食。

まずはスープ。
白濁したスープ。いかにもちゃんぽん。
うーん、豚骨が利いていて、それに野菜から出た甘みが加わって、旨い!
長崎出身のEさんも、これは○(マル)だと言っています。

野菜はメチャ多い。
普通のちゃんぽんみたいに海鮮の具はなくて、ひたすら野菜です。
この大盛り野菜が、このお店のウリですね。

でもただ多いだけじゃない、モヤシ主体の野菜がシャキシャキとして歯触りがいい。

さていよいよ麺。
ストレート太麺です。
意外にしっかりしていて、旨い。
ちゃんぽんは麺が決めてだと言う長崎出身のEさんも、これは合格だと評しています。よかったね。

なみにチャンポンにラーメンのような腰の強さを求めるのは無理と思います。
ここの麺は茹で具合がよくて、柔らかすぎないです。

普通盛りですっかり満腹です。

普通盛りと野菜大盛りの丼の比較。
右が大盛り。一回りデカイよね。

でも単に大盛りがウリじゃなくて、野菜がたっぷりのスッキリスープとしっかり麺がおいしいんだろう。

ところで、他のお客が注文したかつ丼がでかかった。
機会があったら食べてみたいですね。

■食べログ: 井手ちゃんぽん 諸富店


関連ランキング:ちゃんぽん | 佐賀


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1