So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フレペの滝で自然探索 エゾ鹿の害はひどいもんだ [旅行先]

知床自然センターでお昼を食べてから、フレペの滝に行きましょう。

知床自然センターのホワイトボードに、フレペの滝の情報が書いてあります。

いろんなポイントが書いてあります。

ヒグマの生息地だから、音を出して人の存在を知らせましょう、だって。
さっき買ったクマ避け鈴の活躍が必要です。

エゾ鹿の被害がひどいみたいです。
かつて草原には色々な花があって、さっきみた映画でも美しかったけど、いまではエゾ鹿にほとんど食べられてしまった、って。

そういえば、昨夜ホテルで行われた「知床夜ばなしの夕べ」で、今では黄色い花しか残っていません、って話していたことを想い出しました。なんで黄色い花が残っているかっていうと、鹿が食べても美味しくないからだ、って。

知床自然センターの脇からフレペの滝への遊歩道があります。

往復約2キロだから、そんなに遠くはありません。

エゾ鹿の落とし物。
4月から5月には、オスの角があるんですって!

木の皮がむけています。これがエゾ鹿の食害。
雪の上に出ている木の皮をエゾ鹿が食べてしまったんです。こうやってぐるっと皮を剥がされると、木は枯れてしまいます。

このネットは鹿の食害防止の実験中だそうです。

途中の草原。黄色い花が咲いているだけです。
なんだかエゾ鹿の被害を観察に来ているみたいですね。

だから増えすぎたエゾ鹿を駆除して、どんどん食べましょう。

そんな花でも、まあ綺麗です。

滝の近くに来ると、道にエゾ鹿の子どもが出てきています。
我が家の子どもがすぐ近くまで行って写真を撮っています。

断崖絶壁の奥、写真の右側に滝があります。

断崖の上には灯台。

断崖の途中、岩の割れ目から滝があるんです。

船でこの滝を見に来るクルーズもあります。ちょうど下にその船が来ました。

滝からの帰り道、なにやら採取している人たちがいます。
聞くと外来植物の駆除ですって。

この袋に入っている植物です。

このアザミみたいなやつです。これの駆除って、そりゃ大変だ。

道で出会ったバッタたち。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

名無し

鹿対策に狼の導入 懸念解消ページ http://japan-wolf.org/content/faq/
by 名無し (2013-02-05 18:59) 

とんちゃん

> 名無しさん
日本オオカミ協会なんてのがあったんですね。
狼の導入は、まじめに考えないといけない課題ですね。
by とんちゃん (2013-02-06 06:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0