So-net無料ブログ作成

美瑛のパノラマロードでサイクリング [旅行先]

3186419
 
午前中に富田ファームに行き、午後は美瑛の丘の風景を巡ります。

美瑛の田園風景を楽しむのには、車で回るのもいいですが、ゆっくりと自転車で回るのが一番いいみたいなので、サイクリングをすることにしました。

ところでその自転車なんですけど。
美瑛の風景が綺麗なのはパッチワーク状になっている畑や林が起伏のある丘になっているからです。起伏がある、ってことはそこを見てまわるにはアップダウンのある道を走るってことになるわけ。
サイクリングは3時間前後かかります。アップダウンのある路をそんな時間、ママチャリで走るのは無理。せめてマウンテンバイクが必要で、もっといいのは電動自転車ということらしいです。

今日は美瑛の南東にあるパノラマロードでサイクリングします。
で、美馬牛駅裏にあるガイドの山小屋で自転車をレンタルします。HPはここ
現在、美馬牛駅周辺のレンタルバイク屋はここしかないみたいです。
 
3186424
 
建物はぜんぜん「山小屋」じゃないです(笑)。

大人は電動機付き自転車、子どもはマウンテンバイクを借りました。

子どもも電動自転車に乗りたがったけど、電動自転車は重いので、身長が150cmないと乗れないみたい。
実際に子どもが乗ってみたけど、操縦しにくいようです。
で、子どもはマウンテンバイクにしました。

料金は、電動自転車が1時間600円、半日プラン(4時間)が2200円、マウンテンバイクが同じく400円と1200円。
で、3時間で借りることにしました。

スマートなおねえさんが自転車の案内をしてくれます。
そしてサイクリングマップをもらって説明をうけます。
とても丁寧、親切で、自転車を借りるならここはおすすめです。
もらった地図をたよりにサイクリングに、いざ出発。
 
3186422
 
まずは、トンガリ屋根の塔がある美馬牛小学校

3186423
 
3186414
 
「四季彩の丘」へ向かう途中で、道路脇に大きなロールを発見。
直径150㎝以上有ります。(子どもの身長は140cm。)

牧草のロールではありません。
麦の穂を刈り取った後の藁(わら)で作ったロール、麦わらロールです。
ちょっと専門的というか、農家は麦稈(ばっかん)ロールと言います。
これは牛のエサではなく、寝わら(寝床)になります。
 
3186415
 
麦稈ロールとは道路を挟んで反対側の景色。茶色のところが麦畑でしょう。
四季彩の丘を通り過ぎて、拓真館へ。
途中の道は、アップダウンがあって、登りはかなりきついです。

拓真館近くの道は、かなり急なの下り坂で、楽しいです。
けど、帰りを考えると恐ろしくなります。
拓真館は、美瑛の風景を全国に広め、自らも美瑛に移住した前田真三氏とその息子・晃氏の写真ギャラリーです。
入場無料で、美しい風景写真がたくさん観ることができます。
私らが行ったときは、台湾からのツアー客といっしょになって、混雑していました。
 
3186416
 
拓真館近くの「四季の交流館」でお休み。
とはいえ、2階の喫茶室は暑くていられないので、外で休憩しました。(笑)
「哲学の木」まで行くと時間がかかりそうなので、ここで戻ることにしました。

帰りは、ガイドの山小屋さんの地図に載っているサイクリングロードにしました。
「四季の交流館」の駐車場脇の急な坂を上ります。かなり急な坂ですけど、長い距離ではないです。

3186417
 
坂をのぼると、畑の脇を通る景色の良い道が続きます。
 
3186418
 
3186419
 
子どもは本当はこうしてヘルメット着用です。
 
3186420
 
長い下り坂を猛スピードで走り降りたり。
 
3186421
 
自転車をガイドの山小屋さんに返して宿に向かおうとすると・・・
カミサンが、Gosh(ゴーシュ)という自家焙煎のコーヒー店に行きたいと言う。
美馬牛に来るときに看板を見たそうです。ガイドブックにも載っている。
 
で、お店を探してみました。
かんのファームの並びみたいなんだけど、見つけられない。
 
しかたなく諦めて、宿に向かいました。(どこにあるんでしょう?)

どうもガイドブックの地図が良くないみたい。
美馬牛中学校の近くだったようです。


タグ:北海道
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1