So-net無料ブログ作成

喜連川温泉に泊まって濃厚な早乙女温泉に浸る [温泉・宿]

さくら市の喜連川温泉に泊まり。

公営の温泉や日帰り温泉がいくつかあるけど、お気に入りの温泉が1つあるのです。


早乙女温泉です。
喜連川温泉の近くにある泉質も全く別の温泉。今回で2回目の入湯になる。



硫化水素と塩味の強い温泉だ。源泉温度は73.4度と高い。

成分があまりに強いのと源泉の温度が高いために、加水している。
それでもお湯は硫黄臭が強く、かなりしょっぱい。塩分のせいで石けんが泡立ちません。

毎日お湯を入れ替えていて、朝は透明なエメラルドグリーン、夜は白濁した色になるのだということだけど、朝の色はまだ見ていない。朝は9時から営業なので、余裕があったら朝風呂に入りたいなぁ。

詳しくは早乙女温泉のHPをご覧下さい。

早乙女温泉 HP
栃木県さくら市早乙女2114
TEL.028-686-412


今夜の宿は、喜連川温泉街の旅館 大正館。
昨年も泊まらせていただいた宿です。温泉はない旅館です。

本当は、某民宿を予約していたのだけど、どういうわけか予約が入っていなかった。
そこで急遽、大正館に泊まることとなったわけ。古さは目立つけど、感じのいい宿です。
急な宿泊だったので、夕食は外で食べました。

これは朝食。和食です。特に優れているってことじゃないけど、ほっとする食事です。

梅干しが2種類あるのは、なかなかいい感じです。
食後にコーヒーが出されるのですが、おかわりする時間がなかったのが残念です。

大正館 HP
栃木県さくら市喜連川4340-3
Tel. 028-686-2043


タグ:栃木県
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0