So-net無料ブログ作成
検索選択

越後酒道倶楽部で旨い地酒と焼き鳥を 鳥幸@新潟県上越市 [飲みある記]

P1160848

新潟県上越市の直江津で飲み歩くとんちゃん。
おでんの「おおた」さんで飲んでから、駅前通りにある居酒屋へ向かいました。

P1160846
鳥幸」さん。
店名から焼き鳥屋さんであることはすぐに了解します。
でも気になっているのはこっち・・・

P1160847
【越後酒道倶楽部】の看板。
前回、直江津に来た時から、この看板が気になっていたんです。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旨いおでんと地酒で 居酒家おおた@新潟県上越市 [飲みある記]

P1160836

佐渡市での記事から日が開きましたが・・・
佐渡市から新潟県上越市の直江津に行きました。

直江津に泊まるのは2度目。
今回は趣のある居酒屋を巡ってみます。

P1160827
1軒目に向かったのはここ。
いい顔をしていますね。

P1160828

P1160829
「居酒家おおた」さん。

P1160830
「おでん」の暖簾が下がる、おでんが売りのお店です。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

深夜食堂のような居酒屋で焼酎に酔う タロー@佐渡市両津 [飲みある記]

P1160679 

佐渡市両津での夜。
食堂タカノさん、居酒屋ほたるさんで、ちょびちょび飲んで・・・まだ飲み足りない。
日曜の夜にも開いているお店・・・というので事前にチェックしたもう1軒へ向かいました。

P1160685
おや、こんな小路があるじゃないですか。

P1160682
通路を突っ切った先はこんな感じ。
男の台所 タロー」の行燈が目立ちます。
日曜日にも営業している「タロー」さん。

「タロー」なんて気さくな店名だけど・・・
【男の台所】ってことは、作務衣なんかを着た気難しそうな大将が営業しているじゃないだろか?

P1160681
柑子色の暖簾・・・こりゃ、やっぱりこだわりの大将がいそうだなぁ・・・。
でも【家庭料理】って書いてある。そんなら怖い大将はいないかな?
なんて思いながらお店に入りました。

続きを読む


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

1人では食べきれない変わったイカ料理をつまみに 居酒屋ほたる@佐渡市両津 [飲みある記]

P1160643

佐渡市両津での夜。
日曜日の夜なのでお店があんまり開いてません。
食堂タカノさんでビールを1本、しみじみと飲んで、居酒屋を求めてさまよいました。

P1160628
居酒屋ほたる」さん。
ほたる、いいなぁ・・・・
「北の国から」を思い出します。
蛍もいまではすっかり素敵な女性になって・・いや、それは中嶋朋子さんのことだ。

行燈に「佐渡名酒天領盃」が灯っている。
いいですね、この居酒屋で天領盃をいただきましょうか。

P1160629
入り口の脇に掲げたホワイトボードに【安心価格の店】。
「安心価格」、いいいいじゃないですか。

飲み物、焼き物、揚げ物、一品料理、こいっちゃ・・・おっと、「こいっちゃ」ってなんだ?
佐渡の郷土料理だろうか?
いやいや、「おいでよ」って意味の佐渡弁ね。

P1160630
紺色の暖簾をくぐってお店に入りましょう。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食堂で、メニューにない料理と黒ラベル 食堂タカノ@佐渡市両津 [飲みある記]

P1160616

佐渡市両津にやってきました。
新潟市でちょっぴり昼酒をしたんですけど、もうすっかり醒めてます。
夜になって、夕酒の場所を求めて両津の街中を散策です。

旧両津町は、湊(みなと)町と夷(えびす)町にあった2つの港(津)が合併したので命名されたもの。
宿はその湊地区にある旅館で、両津港に近いところ。
そこから国道350号を歩いて、両津橋、地元名は欄干橋を渡って夷地区へ向かいました。
橋を渡って、国道の1本西側の道が飲食店街らしい。

P1160615
KIRIN」のゲート。
両津飲食店組合、佐渡観光協会が作ったゲートをくぐって飲食店街へ。
でも日曜日の夜だったので、あんまりお店が開いてなくて・・・暗いの。(´ρ`)

そうだろうと思って、日曜にも開いていそうなお店を事前にいくつかピックアップしておきました。
まず行ったは・・・ここ。

P1160624
味のきめ手 食堂タカノ」の看板が輝くお店。 

P1160625
【味のきめ手】ってのが、いいですね。
「食堂」ってのは、もう、わたしの気持ちをとってもそそります。(*^^*)

続きを読む


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

船に乗る間にちょっと一杯:名物栃尾揚げに新潟限定ビールと佐渡の酒 佐渡汽船食堂@新潟港 [飲みある記]

明日2月4日は立春。で、今日はその前日の節分。
鬼はーそとぉー!福はーうちぃー!と、豆まきをしましょう。

そして今日は旧暦1月7日。
本来ならきょうが、七草粥をいただくべき日なのです。
 ⇒七草粥は旧暦1月7日にいただくものではないのか?:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2017-01-08


P1160592

ここは新潟港の万代島ターミナル。
これから船に乗って佐渡島へ渡ります。
で、その前に腹ごしらえ、っていうか一杯ネ。σ(゚ー^*)

minato_map
佐渡汽船のターミナルビル3階には、食事ができるところがいくつかあることを事前に確認しました。
フロアマップの右下に食堂が2つ、左上にそばコーナーがあります。

実際の様子はこんな感じ。

P1160583
立喰ソバコーナー「しおさい」。
立ち食いカウンターがありますが、オープンスペースにテーブルがあります。

P1160584
「ながもそば」とか「のっぺそば」なんか、いいかも。
生ビールや缶ビールもあります。
おっと、でもスーパードライだ。

P1160585
御食事喫茶 紫苑」さん。
ちょっと本格っぽいお店です。そこそこの値段です。

P1160587
佐渡汽船食堂」さん。
おっと、食堂じゃないですか!
もう「食堂」っていうだけで、嬉しくなっちゃいます。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

越後の全蔵元を飲み比べよう! ぽんしゅ館@新潟駅 [飲みある記]

P1160549

昨年のことですが、新潟駅にまいりました。
ここに来ると、呑兵衛には絶対に外せない場所があります。

駅ビルのCoCoLo新潟
ホテルメッツ新潟がある西館の3階通路を行くと・・・

P1160581
ほぉら、オジサンが呼んでいますよ。(*^^*)

P1160579
一升瓶を掲げたオジサンが呑兵衛を呼び止めます。 

ここに新潟県内の日本酒が一気に試飲できるところがあるんです。
しかも昼間っから! 

以前に立ち寄って、すっかり気に入りました。
 ⇒新潟県の日本酒全蔵元を試飲できるぞ ぽんしゅ館@新潟市
  :http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2015-10-20-3

今回も越後の酒を楽しみましょう!

続きを読む


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

駅前の大衆居酒屋でもつ焼きとチロリの酒 いわき駅前市場@福島県いわき市 [飲みある記]

P1160465

福島県いわき市に行きました。
ここで食事してから帰宅しようと思います。
駅前の飲み屋街をうろうろ歩いて、行きついたところは・・・

P1160471
いわき駅前。ぐるっと回って、そこですか!

P1160470
その名も「いわき駅前酒場」さん。
もつ焼き、煮込みを掲げる、いかにも大衆酒場です。(*^^*)
ここにしましょう。

続きを読む


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

羽田空港で、天ぷら肴にちょい飲み 天丼てんや羽田空港第2ターミナル店 [飲みある記]

アップしきれていない記事がいっぱいあるんですけど・・・
その前に、年末年始に札幌に帰省したときのことをアップします。


P1170377 

2016年末に札幌に帰省するために羽田空港へ。
出発まで少し時間があるから・・・・ちょっと一杯。ね。

第2ターミナル地階に立ち蕎麦屋があってそこもいいかな?
と思っていたんですが、意外なお店を発見。

P1170392
「天丼てんや」さん。
てんやさんは珍しくはないんですが・・・これ!

P1170394
羽田空港オリジナルの「海宝天丼」がある。
海鮮天ぷらの「冬のご馳走天丼」もありますよ。
金目鯛、真鱈の白子、ずわい蟹の天ぷらが載っているんだって。

いや、いや、そっちじゃなくて、これですよ。

続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

昭和の大衆酒場で昼からもっきり酒を 第三モッキリセンター@札幌市 [飲みある記]

P1160143 

札幌でぜひ行きたい居酒屋がありました。
場所は、大通バスセンターの裏通り。
これだけで、知っている人はもうわかるであろう居酒屋の名店です。
その日は10月だというのに冬のように寒い日でした。

P1160141
第三モッキリセンター」さん。
もっきりとは「盛り切り」のことで、升やグラスに日本酒を注いで、1杯ずつ売ること。
そんなもっきり酒が飲めるに違いない店名。
もうその店名だけでワクワクしてしまいます。

しかも月~金曜日は14時から、土曜日は13時から飲めるという、さらに嬉しいお店。
でもとんちゃんは夕方から来たんですけどね。(残念)

P1160166
壁にはメニューの行燈。
日本酒が正1合230円。ビールはアサヒです。
名酒柴田与次右衛門って、どこのお酒だろ?

その行燈の下に、【居酒屋の王様 正統90年第三モッキリセンター】とあります。
90年の歴史のある居酒屋さんですか!( ̄□ ̄;)!!

P1160167
茶色の暖簾には【正統七十年第三モッキリセンター】の文字。
いったいいつから営業しているのか、わかりません。とにかく古いんですね。

「第三モッキリセンター」サポートサイト(http://www.namaraumai.net/sapporo/daisanmok/)の情報によると以下のような歴史です。
1926年(昭和元年!)に小樽市の酒屋「加藤商店」内で角打ちとして始まったのがスタート。
だから創業以来90年。
その後、1950年に札幌市で立ちの飲み店を開業。
現在の場所に移転したのは1994年だそうです。

昭和とともに生まれ育ち、平成に生きている居酒屋です。

「第三」ということは「第一」や「第二」もあったのだろうか?
これについては、ご興味のある方は上記の非公式サポートサイトをご覧ください。

さて、そんな老舗居酒屋さんの暖簾をくぐって店内へ。 

続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理