So-net無料ブログ作成
飲みある記 ブログトップ
前の10件 | -

エキナカで日本酒の立ち飲み 駅の串揚げ家@盛岡駅 [飲みある記]

P1200568

6月のこと。盛岡へ行った帰りのこと。
新幹線に乗る前に、ちょっと1杯やりに立ち寄りましょう。σ(゚ー^*)

ということで、以前から気になっていた立ち飲み店へ向かいました。
もちろんお店は駅の近く。
「近く」どころか、駅がお店なんですから。

いや、駅が立ち飲み屋になったわけじゃなく、エキナカに立ち飲み屋があるんですよ。

盛岡駅の2階。
新幹線改札口は「北」と「南」の2つあるんですけど、その「北」改札口側
ニューデイズのお隣、というか「わんこロード」入り口にあります。

P1200581
駅の串揚げ家」さん。
どんなお店なのか、すぐにわかっちゃう店名。
縄暖簾が下がっていて、赤提灯まである。
しっかり古典的居酒屋の構えです。(*^^*) 

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鶏出汁おでんと東北の銘酒で ちろり@盛岡市 [飲みある記]

P1200549

6月末に盛岡市に行ったときのこと。
「幸楽」さんでホルモン焼を食べてから、もう1軒。
行きたいお店があったので向かってみると・・・なんとお休み。
もう1軒のお店に向かうと・・・これまたお休み!

3軒目は用意していなかったので、全くフリーでお店を探しましょう。

盛岡駅前から延びる駅前通りの「大通り」。
どこにしようかフラフラ見ていると・・・

P1200540
「名店会館」の看板。
自ら「名店」と名乗るとは、ずいぶんと背負ったビル名じゃないですか。

P1200539
そこに杉玉を下げたお店があります。
ちろり」というお店。
チロリって、日本酒を温める容器のことですよ。
こいつは、いい店名じゃないですか。

P1200553
【本日のおすすめ】が書かれた黒板。
お刺身などの料理が並んでいます。
今が旬のホヤもありますよ。いいじゃないですか!

ということで、お店に入ってみました。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ニンニクが効いた新鮮ホルモンがたまらん! 幸楽@盛岡市 [飲みある記]

P1200525

今日の記事は盛岡市でのことなのですが、秋田県のお店の話から。

ずーっと前から、秋田県に行ったら伺いたいお店があるんです。
それは鹿角市花輪の「幸楽」さん。
そこのホルモン焼きが食べたいんです。

「やまけん」さんのブログで見て以来、ずーっと思っていました。
 ⇒秋田名物「幸楽」のホルモンを小坂町で食い倒れた!
  :http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2005/03/610.html

その幸楽ホルモンを出すお店が秋田県庁近くにあることも「やまけん」さんのブログで知って、ランチに向かったこともあるのです。でもランチ営業していなく、あえなく振られる。2011年のことです。
 ⇒伸栄またも行けず:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2011-09-03

その後、大仙市で幸楽ホルモンを出すお店に遭遇して、やっと食べた。2013年のことです。
 ⇒鹿角の幸楽ホルモンに惹かれて 創作ダイニング古休@大仙市
  :http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2013-03-21-3

しかし本物の幸楽ホルモンを本格的に食べたい!
ずっとそう思い続けていたのです。

「幸楽」さんのお店は、本店のほかに秋田県鹿角市、大館市に直営店、さらに鹿角郡小坂町、そして岩手県盛岡市にお店あるのです。

そう!ここは盛岡市。
ついに幸楽ホルモンを食べれるときがやってきた!

場所は、バスセンターの近く。
盛岡駅からだと、北上川と中津川を渡ったところ。

P1200517
角地に立つビルにお店があります。
もう入る前から、ワクワクです。

P1200518
ホルモン、焼肉を掲げる黒い暖簾の「幸楽」さん。 

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

麹屋さん経営の酒屋で「月の輪」のもっきり酒 細重酒店@盛岡市 [飲みある記]

P1200407

岩手県盛岡市。
「角打ち」の平興商店に伺って、菊の司酒造の日本酒を明るいうちから3杯もいただきました。(^^)

盛岡では「角打ち」を「もっきり」と呼びます。
飲食店ではない酒屋が経営するのが「角打ち」。酒屋の片隅で、一升瓶の酒を1杯ずつ販売するもの。
「もっきり」は「盛り切り」のことで、酒を1杯ずつ売ること。
角打ちだけでなく、居酒屋でもコップ酒を出せば「もっきり」になりますね。

平興商店で見た雑誌の角打ちの記事に、平興商店さんより大きく載っているお店がありました。

P1200392
ぜひ行ってください、と平興商店のお母さんに勧められ。

P1200402
地図まで書いていただいたんですよ。
そりゃぁ行かないといけませんよね。(^^)

P1200419
途中にあった東京駅・・・のわけがありません!

1911年に完成したかつての岩手銀行本店。
1983年に中ノ橋支店になり、2016年からは「岩手銀行赤レンガ館」としてオープンしました。
設計は、東京駅を設計した辰野金吾。だから東京駅によく似ているんです。

酔い覚ましに、少し中を見学。それからお店に向かいました。
そこは盛岡市の鉈屋町(なたやちょう)。
かつては鉈屋さんがいっぱいあったのか?
と思ったら、そうではなく、京都の富豪鉈屋長清が来て寺を建立したことに由来するそうです。

P1200403 
2階が格子になっている長い建物。

P1200404
ここが「細重酒店」さんですね。
「酒類・食料品」を掲げる酒屋さんです。
盛岡の日本酒、「あさ開」、「岩手川」(倒産)、「菊の司」、「桜顔」が並んでいます。

早速、お店に入ってみましょう。

 

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

菊の司酒造直送の角打ちあり 平興酒店@盛岡市 [飲みある記]

P1200371

今年の6月に盛岡市に行ったときのことを記事にするのをすっかり忘れていました。f(^^;)
盛岡市には30歳の時に少しだけ住んでいたことがあって、とんちゃんにとってはとても懐かしい街です。

場所は盛岡市紺屋町という、歴史を感じさせる街並みがあるところ。

P1200366
1772年創業の盛岡市の蔵元「菊の司酒造」さん。
社長さんは15代平井六右衛門の平井滋さん。

通りを挟んだ向かい側が目指すお店です。

P1200368
「菊の司」の看板を掲げる「平興商店」(ひらこうしょうてん)さん。

居酒屋=飲食店ではなく、酒屋さん。
酒屋さんが営業する正真正銘の角打ちです。

社長の名が平井興太郎さんなので「平興商店」。
「菊の司」社長も同姓の平井さん。
そう、親戚なんですよ。
だから蔵元から毎日直接納品した酒を販売している。
そんな角打なのです。

P1200386
大きな冷蔵庫に一升瓶がいっぱい並んでいます。

高齢のお母さん(女将さん)に迎えられます。
そしてこの冷蔵庫の裏が・・・

 

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日も居心地よく昼酒を 第三モッキリセンター@札幌市大通 [飲みある記]

P1210038

札幌に帰省中のこと。
大通バスセンター近くに、昼から開いているいい居酒屋があることを知って、すっかり通っています。

P1210034
第三モッキリセンター」さん。
もっきりとは「盛り切り」のことで、升やグラスに日本酒を注いで、1杯ずつ売ること。
店名からして、いいじゃないですか。
しかも月~金曜日は14時から、土曜日は13時から飲めるという、嬉しいこと限りないお店です。
今回で3度目の来店です。
⇒昭和の大衆酒場で昼からもっきり酒を:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28
⇒呑兵衛のパラダイスで1杯:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-12-01-1

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ランチタイムから昼酒できる呑兵衛の楽園 立ち呑みパラダイス@札幌駅 [飲みある記]

P1210010

札幌に帰省した時のこと。
狸小路の四文屋さんで昼酒して、梅割りをいただいたので、ポワンとした心持ち。
風に当たりながら札幌駅方面へ向かいました。

札幌駅の近くには立ち飲み屋さんがいくつかあります。
駅に一番近くて15時から飲める、北海道の日本酒がある「ニュー三幸」さん。
⇒札幌駅まで1分、ギリギリまで飲める立ち呑み:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-12-02-1
野村證券のビル地階にある新潟の地酒が各種ある「酔円」さん。ここも15時から営業。
⇒新潟の旨い日本酒を立ち飲みで:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-10-06-2

そしてもう1軒。
なんと11時から昼酒が呑めるところがあるという、Syupoを主宰する「なゆ」さん情報。

場所は駅に近い札幌国際ビルの地下1階。
なんと、スタンドカレーの「コロンボ」さんの斜め向かい。
そんなところに立ち飲み店があるなんて、全く気が付きませんでした。まさに灯台下暗し。

P1210031
立呑みパラダイス」さん。
立呑み」だけでも嬉しいのに、「パラダイス=楽園」だなんて。
もう店名だけで狂喜乱舞してしまいそうです。(*^▽^*)

ランチタイムを少し過ぎた時間帯。
でも「カリーハウスコロンボ」さんには、まだ行列(!)ができています。
こちらの店もランチもやっているようですけど、ランチ客はもういないようです。
会社に出勤したサラリーマン氏たちが食事している横で、暇なオヤジが昼から酒にうつつを抜かす、なんてのは申し訳ないですから、ランチ客がいない方がいいですね。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

昼から飲めちゃう串揚げ屋 四文屋@札幌市狸小路 [飲みある記]

P1200992 

札幌に帰省中でのこと。
昼飯を食堂で食べた後に、市の中心部にある狸小路を歩いていると・・・

P1210009
【串揚げ・海鮮】の「四文屋(しもんや)」さんがある。
すすきのにあるお店でお酒を飲んだので、知っています。
安くて旨い居酒屋でしたね。
 ⇒駅直結の高CP店で、赤星からもつ焼きへ
  :http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07-1

P1210008
もちろんこの時間帯はランチタイムの営業中。

しかし!
昼酒の営業をしている雰囲気なのです。

どこに書いてあるかって・・・どこにも書いてません。
書いてないけど、そう感じるんです。

居酒屋さんのランチタイムって、「食事だけ」のお店と、「酒もOK」のお店があります。 そしてお酒OKのお店も、夜とは違って特定メニューだけ、っていうお店があります。
どっちのタイプのお酒OKかはわからないけど、とにかく昼酒OKなら十分です。
入ってみましょう。

で、もしも食事だけだったらどうする?
もう1回ランチを食べる・・・ってのは無理。
ごめんなさい、って言って、お店を出ちゃいます。

いやいや、その前に、店員さんに聞いてみましょうよ。
「お酒飲めますか?」素直に聞きました。
はい、大丈夫ですよ。といううれしいお答え。
そんじゃぁ、ってことでお店に入りました。

というわけで、昼酒の記事です。 

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

牛久シャトーフェスタ [飲みある記]

P1210742

茨城県牛久市には「シャトーカミヤ」というワイナリーがあって、クラフトビールも醸造しています。
 ⇒シャトーカミヤ:http://www.ch-kamiya.jp/

実業家である神谷傳兵衛(かみやでんべえ)が、1903(明治36)年に開設した日本初の本格的ワイン醸造場です。
ブドウの栽培からワインの醸造・瓶詰めまでを一貫して行なう、まさに「シャトー」だったのです。

神谷傳兵衛と言ってもピンとこないでしょうが、浅草にある「神谷バー」を1912年(明治45年)に開業した人と言ったらわかる人も多いでしょう。
醸造メーカーは後に合同酒精(株)になり、オエノンホールディングス(株)のグループにあります。

 

その「シャトーカミヤ」が9月から「牛久シャトー」に名称変更されちゃった。
それを祝って、9月2日(土)・3日(日)に「牛久シャトー・フェスタ」が開催されました。

chitashi2

tirashi1


わたしは名称変更に賛成しないんですが、フェスタは好きですよ。(*^0゚)v

ということでクラフトビールを飲みにやってきました。

P1210737 
堂々たるシャトーの雰囲気。
この本館をくぐった奥の広場でイベントが開催されています。

続きを読む


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

一品料理と女将さんとの会話が楽しい 幸子のお茶漬け@山形県鶴岡市 [飲みある記]

P1210427

山形県鶴岡市での夜。
かつてお城があった鶴ケ岡公園近くの歓楽街の本町にある「花さき」さんで食事。
それからもう1軒・・・と向かったのは、その近く。

P1210439
【お茶漬】を掲げる「幸子」さん。
「お茶漬け」を掲げるお店って、小料理屋みたいないいお店が多いんですよ。

P1210438
駐車場の奥にお店の入り口があります。

P1210437
幸子のお茶漬け」が店名のようです。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 飲みある記 ブログトップ