So-net無料ブログ作成

富山市の路面電車、北前船で栄えた岩瀬を観光 [旅行先]

富山市に行った時のことです。

元祖の味に最も近い富山ブラックラーメンを「喜八」さんでいただいてから、少し観光。
江戸時代に北前船で栄えた港町・岩瀬へ向かいました。
いつもなら写真をバチバチ撮るんですけど、カメラの電池が切れそうなので、節約気味に撮ってます。

カッコイイ市内電車

 

富山市内では、カッコイイ電車が走っています。

1つは富山ライトレールという第3セクターによる「ポートラム」。
もう1つは富山地方鉄道による路面電車で、新型のセントラムと懐かしい車両が走っています。

ポートラムは、富山駅から富山港がある岩瀬までの総延長7.6kmに13駅がある富山港線です。

愛称は「ポートラム」。
港の「ポート」と電車の「トラム」を組み合わせた命名です。


昨日の記事で紹介した富山ブラックラーメンの「喜八」さんの最寄り駅である「奥田中学校前」と富山駅との間は路面電車になっていて、そこから終点の岩瀬駅までが専用線になっています。

元は国鉄線、その後、JR西日本の鉄道線だったものを引き継いだものです。 

その前身は、1927年に開通した富岩(ふがん)鉄道
現在の富山港は、当時は東岩瀬港と呼ばれ、江戸時代には北前船の港、その後は商業港として栄えていました。

その岩瀬から富山市内に向かって富岩鉄道が敷かれたのです。

Toyamako-LineRouteMap2015
(wikipedia「富山ライトレール富山港線」より。)


車両はどんな風にカッコイイかというと・・・

こんな感じです。

P1230119
車両はLRV(Light Rail Transit)、日本語では「低床式車両」。
床が低くて、ホームから段差なしで車両に乗ることができます。
2車体連接の車両で、この車両は赤い色ですけれども、全部で7色あるそうです。

ついでに、いくつか紹介します。

P1230145
帰りに乗ったのは、これ。

P1230146
青いポートラムです。

P1230147
電車の中はこんな感じに細長いです。

富山地方鉄道の方の路面電車も、カッコイイです。

P1230216
新型のセントラム。
これもLRV(Light Rail Transit)です。

こういうモダンな車両もいいですが・・・

P1230214
こんなレトロな電車もカッコイイです。

 

岩瀬の街並み

 

さて、最初の赤いポートラムに乗って、北前船で栄えた岩瀬へ向かいました。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌テレビ塔、眺望と「怖窓」から見下ろす恐怖 [旅行先]

今年の3月に札幌の実家に帰省した時のことを飛び飛びに記事にしてます。
宿泊はJRタワーホテル日航札幌でした。
 ⇒札幌の夜景と生演奏ジャズでカクテルを SKY J@JRタワーホテル日航札幌
 ⇒豪華な朝食を家族で楽しむ SKY J@JRタワーホテル日航札幌

翌日、札幌市内をブラブラしてみることに。
有名な時計台の中を見て、テレビ塔へ行きました。

P1120072
これが札幌テレビ塔。(写真は2015年12月撮影のもの)

札幌テレビ塔は、札幌市の中心部にある大通公園に立った電波塔。
1956年竣工、1957年に完成した高さ147.2mの塔で、テレビ電波を送信していました。
(とんちゃんの年齢と近いです。)

テレビ塔」って、まさにまんまの命名です。
「東京タワー」ってのがあるんだから、「札幌タワー」とでもすればもう少しかっこよかったのになぁ・・
なんて子供の時には思いましたけど、実は。
東京タワーは1957年竣工、1958年完成ですから、こっちの方が先輩格です!(*^0゚)v

しかし「テレビ塔」としての役割は、意外に短い。
1956~69年に手稲山からの送信が行われ、テレビ電波の送信塔としては使われなくなりました。
今は、FM局の中継施設などに使われています。
スカイツリーができるまでテレビ電波の現役だった東京タワーとは違います。

地上65mのところにある電光時計は、1961年に松下電器、現在のパナソニックが寄贈したもの。

 

テレビ塔の2階は多目的ホールと管理事務所、3階は土産店とレストランがあって、そこは無料で行けます。
電光時計のさらに上、地上90mのところに展望台があって、ここは有料です。

有料だから滅多に行かない展望台へ家族と上がることにしました。
そしてここで、怖い体験をすることになります・・・

 

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐渡の静かな観光:千枚田、佐渡一の宮、そしてあの鼓童 [旅行先]

P1160826 

昨年、佐渡に行った時のこと。
とんちゃん的に見たいところがあったもんで、少し立ち寄りました。

◆棚田

その1つは棚田。
佐渡には棚田がいっぱいあって、佐渡棚田協議会というのもあります。
 ⇒佐渡棚田協議会HP

FAO(国連食糧農業機関)が認定する「世界農業遺産」。
2011年、佐渡市と石川県能登地域が、とともに「世界農業遺産」に認定されました。
棚田自体が世界農業遺産に認定されたわけじゃぁない。

佐渡が世界農業遺産に認定された理由はつぎのことです。

 

  1. 農業生産システムに「朱鷺と暮らす郷づくり認証制度」を導入し、消費者と連携しながら島全体へ拡げていること。
  2. 生物多様性保全型農業と農業経済が連携し、持続的な環境保全体制を構築していること。
  3. 佐渡金山が風景と文化に大きな影響を与え、生物多様性と農業生産活動をはぐくむことによって、農村コミュニティを保全してきたこと。

 

佐渡金山が風景と文化に大きな影響を与えた、とはどういうことか?
佐渡の金山と棚田とが、実は密接な関係があるんです。

江戸時代、金銀山の採掘やそれに関わる商売を目当てに、全国各地から人が佐渡に集まり、人口は最大10万人にもなった。小さな島は、まさにゴールドラッシュの状態でした。
そんな大勢の人の食をまかなうために、島民は山の斜面を開墾して棚田を作ったのです。
そして棚田に水をくみ上げるために、金山の坑内排水技術「水上輪(すいしょうりん)」(坑内の水を上に組み上げる装置)が活用されました。
(参考:農林水産省「トキと暮らす郷づくり」)

さて、そんな世界農業遺産の一部をなす棚田。
岩首昇竜棚田へ行きたかったんですけど、ちょっと時間がないのでパス。
 ⇒佐渡棚田協議会「岩首昇竜棚田」

小倉千枚田へ行きました。
 ⇒佐渡棚田協議会「小倉千枚田」

mainKey_L.jpg佐渡棚田協議会「小倉千枚田」より) 

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

宿根木集落と清九郎の家@佐渡市 [旅行先]

src_39876412 

昨年、佐渡に行った時のこと。
南端部に位置する小木町の「宿根木(しゅくねぎ)集落」に行きました。

 

宿根木は江戸時代に廻船業で栄えた町。
そこには、船大工が建てた100棟以上もの板張り家屋が、狭い入り江にびっしり建つ町並みに目を見張ります。

wali_map 
宿根木公式HPより)
宿根木集落の全体が「重要伝統的建造物群保護地区」(略称「重伝建地区」)になっていて伝統的建築物が多数残っています。

googleのストリートビューで宿根木の集落内を見ることができます。
 ⇒宿根木googleストリートビュー

 

P1160795
こんな狭い石畳の小路が高台から海へ通じています。

P1160794
板の屋根の上に重石を並べている「石置き木羽葺屋根」。
ここは普通の民家ですが、さらに大きな民家がいっぱい並んでいます。

一般に公開している建物はいくつかあります。 

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

佐渡市小木で実物大の北前船に遭遇 [旅行先]

P1160780 

昨年、佐渡に行った時のこと。
佐渡というと・・金山、朱鷺、たらい舟・・多くの見どころがあります。
そんな中で、島の南端部にある小木町の「宿根木(しゅくねぎ)」集落は一味違います。

宿根木へ向かう途中で・・・重大な発見。

P1160793
佐渡国小木民族博物館
大正9年(1921年)に宿根木集落からこの高台に移転し、1970年に廃校になった宿根木小学校の建物を使用して、1972年に開館したものです。
廃校となった小学校を民俗資料館にすることは、佐渡で何度も調査を行った民俗学者・宮本常一の提案によるものだそうです。

googlのストリートビューがあります。
 ⇒佐渡国小木民俗博物館googlストリートビュー

 

P1160791
校門の門柱には「宿根木青年會」の文字。

P1160792
もう一方には「昭和弐年六月建設」の文字。
きっと1927年に青年会が、当時の宿根木尋常小学校に門柱を寄贈したんですね。

P1160789
博物館・千石船」と書かれています。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北一輝由縁の地:佐渡市両津湊の風景 [旅行先]

佐渡の両津に行きました。
その風景を少しだけご紹介しましょう。
遊郭あり、偉人あり、という内容です。 

両津は、佐渡島の両津湾に面したところ。

ryoutu.jpg
日本海の両津湾と加茂湖に挟まれている両津。
両津には、北の(えびす)地区と南の(みなと)地区があります。

ここは両津湾と加茂湖にはさまれた細長い砂礫で、江戸時代に夷町と湊町ができました。
明治41年(1901年)にその両町が合併して両津町となりました。
夷町と湊町にはそれぞれ港(津)があり、それら2つの津(港)が合併したため「両津」となったとさ。

 

周囲17キロの加茂湖は、新潟県最大の湖で、カキの養殖が盛んな湖です。
加茂湖は、もとは海と隔たれた淡水湖でした。
ところが明治34(1901)年から出口を開削して、今は汽水湖になっています。

 

湊地区を少し観光しましたので、それを記事にします。

まずは湊地区にあった旅館。

2017-02-09T23-14-57-8fb8d
老舗旅館の金沢屋さん。

P1160715
戦前は「金澤楼」という妓楼、すなわち女郎屋さんでした。
さてそんな歓楽街、女郎街もあった湊地区を少し散策してみました。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

佐渡への旅はジェットフォイルで [旅行先]

ずーっと前から一度は行ってみたいと思っていた佐渡。
昨年、その佐渡へ2度も行く機会がありました。
1度目のことはすでに記事にしました。
今回からは2回目のことを書きましょう。

まずは佐渡行きから。
1度目は、直江津港から佐渡の小木港へ高速フェリーで向かいました。
 ⇒直江津から佐渡へ:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-08-17-2

今回は新潟港から佐渡の両津港へ向かいます。

P1160582
新潟駅から万代島ターミナルへはバスで向かいます。
約15分でターミナルに到着。

ターミナルで乗船を待つ間に、栃尾揚げをつまみに新潟限定ビールと佐渡の日本酒をいただきました。
 ⇒船に乗る間にちょっと一杯  佐渡汽船食堂@新潟港
  :http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-11-05-3

それからいよいよ乗船です。

P1160603
おっと、乗船客がいっぱい並んでいます。
こりゃ時間がかかるなぁ・・・
って思ったら、これはカーフェリー乗り場でした。

P1160604
とんちゃんが向かうのはこっち。
ジェットフォイル乗り場です。

P1160605
今回乗船するジェットフォイルの「すいせい号」。
船体に【KAWASAKI BOEING(川崎ボーイング)929】と書かれています。

前回は、佐渡の両津港から新潟港に来るという、逆のコースでジェットフォイルに乗船したのですが、とっても快適でした。
 ⇒佐渡から新潟港へ渡るジェットフォイルの船中で天領杯のワンカップ
  :http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-08-19-4

その記事にも書いたんですけど、このジェットフォイルってのが、すごいんですよ。(*^0゚)v
海の飛行機”と呼ばれるそうです。
どう凄いかっていうと・・・

続きを読む


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新選組を有名にした池田屋跡に遭遇 [旅行先]

京都に行ったときのことは、飲み歩き、食堂食べ歩きの記事が基本ですが、観光のことも少し記事にします。

進々堂三条店さんで朝食をいただいてから、三条通りを東に向かった時のこと。

観光マップを見ていたら、三条通り沿いに池田屋跡があるそうです。
1864年7月8日(旧暦6月5日)、新撰組が旅籠池田屋に潜伏していた長州藩や土佐藩等の尊皇攘夷派を襲撃した。
その池田屋の跡があるのです。
そんな歴史的な場所があるところが、さすがに京都ですね。

どこにあるんだろ・・・と思いながら三条通りを進むと・・・ 

P1150567
ぉぉおおお!「旅籠茶屋 池田屋」だ!
いまだに旅籠があるのか!w(*゚o゚*)w

いや、待てよ。

おいおい、ここは「はなの舞」じゃないかよ。

P1150566
でもちゃんと【維新史跡 池田屋騒動之址】の石柱がありますよ。
間違いなくここが池田屋跡です。

そこを「はなの舞」さんがお店にしちゃったのね。(*^^*)

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

五所川原名物「立佞武多」が「ぶた丼」に?「のへ丼」もあるぞ [旅行先]

P1150053

青森県内には、「ねぶた」あるいは「ねぷた」という、大きな山車燈籠の祭りがあります。
五所川原のねぶたは、立佞武多(たちねぶた)という、高さが最大で20m強にも達する立像なのが特徴です。

P1150038
五所川原市の観光名所「立佞武多の館」。
立佞武多(たちねぶた)祭りに出陣する大型立佞武多を常時格納・観覧できるところです。
せっかくなので入ってみました。

五所川原の立佞武多は、高さが最大で20m強にも達する立像

明治時代から大正時代にかけて豪商、大地主の力と象徴とし巨大化したそうです。
ところが大正になって市街地に電線が張り巡らされたため、巨大な山車の運行が困難になりました。
そして戦後に起きた2度の大火で街が全焼し、設計図や写真も消失して、巨大ねぷたは姿を消しました。
ところが、1993年に当時の設計図と写真が発見され、1996年に市民有志の「たちねぷた復元の会」が結成され、1998年に五所川原市が立佞武多の支援を決めて、「五所川原たちねぷた」が復活したそうです。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐渡から新潟港へ渡るジェットフォイルの船中で天領杯のワンカップ [旅行先]

ずーっと前から一度は行ってみたかった佐渡。
そこへ行く機会があって、とてもうれしいとんちゃんです。
そんな佐渡もわずか1泊でお別れ。( ;∀;)

両津港から船に乗って新潟港へ渡りましょう。
帰りも佐渡汽船の船に乗ります。

P1140860
一見、普通の船に見えますけど、違うんです。
BOEING(ボーイング)」って書いてありますよね。
なんと航空機メーカーのボーイング製です。

航空機メーカーがなんで船なの?って思っちゃうでしょ?
実はこの船は「ジェットフォイル」と言う船で、「海の飛行機」と呼ばれるものなんですって。
このジェットフォイルは、揺れないし、速いし、実に快適な船でした。(*^^*)

水中翼船(ハイドロフォイル)の1種類です。
ちなみに「フォイル(foil)」はアルミホイルの「ホイル」で、金属の薄片のこと。

まずは、そこからちょっと説明しましょう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感