So-net無料ブログ作成

帰って来た暴君ハバネロが、15周年の今年に行ってしまった [うまい食品]

P1250032 

 

辛いもの大好き人間のとんちゃん。

買っておいて、食べるのをすっかり忘れてしまっていた、辛いものスナックを思い出た。

 

P1250007

◆暴君ハバネロ

菓子メーカーの東ハト2003年11月から販売した、激辛スナック
当時、世界一辛いトウガラシとしてギネス認定された「ハバネロ」を使用したスナック。

ローマ帝国第5代皇帝・ネロは、暴君として悪名高く「暴君ネロ」と呼ばれた。
それとハバネロを組み合わせたネーミングが「暴君ハバネロ」ですね。

1984年9月に発売された湖池屋の「カラムーチョ」が火付け役となって激辛ブームが到来した。
暴君ハバネロは、それらと違って、ハバネロを使った激辛スナック。
「18禁」とさえ言われ、大当たりしました。
その後、ハバネロを使ったスナックが登場し新たな激辛ブームとなりました。

今年はその暴君ハバネロが登場して15周年の記念すべき年なのです。

 

ちなみに我が家では、タバスコではなくハバネロソースを使っています。
大辛と中辛の2種類。

 

閑話休題。

その後「暴君ハバネロ」シリーズは、いろいろな商品が次々に登場しています。

手元にあった2種類を食べ比べてみました。 

まずは、2003年の味を再現したものが、これ。

 

P1250007 - コピー   

◆帰ってきた暴君ハバネロ

「帰って来たウルトラマン」をもじったネーミングですよ。
【2003年誕生当時のウマ辛さ!】

♪帰って来たぞ、帰ってきたぞ、ウルトラマ~ン。!

じゃない、元祖・暴君ハバネロの再来だ!

 

P1250009 

帰ってきた「ハバネロ」とは。

世界を泣かせた激辛・激うまトウガラシ!
味も香りもハヒハヒなポテトスナック!
旨さと辛さの絶妙なバランスにやみつきじゃ!


何を言っているのか、さっぱりわかりません。(;´ρ`)

東ハトのHPには、こうあります。
 ⇒http://tohato.jp/news/news.php?data_number=727

「帰ってきた暴君ハバネロ」は、その名のとおり、発売当時のウマ辛さを再現した「暴君ハバネロ」です。当時と同量のハバネロを配合し、野菜(オニオンやチキン)の旨みや、数種の香辛料(ガーリック、クミン、ホワイトペッパー、レッドペッパーなど)を組み合わせて、辛味と旨味がバランスよく調和した刺激的な辛さがクセになる、あの元祖ウマ辛スナックを復活させました。

 

やはり元祖はウマイ!ってわけです。

その暴君ハバネロが今年で誕生15周年なのです。

それを記念して2018年1月にリニューアル。

 

P1250007 - コピー (2)

◆ウマ辛伝説 暴君ハバネロ

ポテト感とウマ辛さをアップさせたそうです。

 

P1250010 

しかも15周年を記念して日本最大級のお笑いWEBサービス・アプリ「写真で一言ボケて(bokete)」とタイアップして、ボケ投稿コンテスト「狂宴!ボケてコロシアム」を実施(3月14日まで)。

暴君とボケという組み合わせの意味は、わっかんねぇなぁ・・・。

 

ともあれ、中身を比較してみましょう。

 

P1250029

左が帰ってきた暴君ハバネロ、右がウマ辛伝説暴君ハバネロ

どう違うのか?

 

P1250032

どっちもリング状ですが・・・右のウマ辛は粉を吹いたように、粉末がついている。

 

P1250033

帰ってきた暴君ハバネロは、表面に粉末がついていて・・・パンチのある辛さ。

 

P1250035

粉の多いウマ辛伝説暴君ハバネロは、ポテトっぽい香りがして、辛さはややマイルドな感じ。

いったい何が違うんだ?

 

原材料を見てみると・・・

 

P1250013 

帰ってきた暴君ハバネロの原材料。

 

P1250015 

リニューアルした暴君ハバネロの原材料

両方を比較すると・・・

 
製品 帰ってきた暴君ハバネロ 暴君ハバネロ
原材料 乾燥ポテト、植物油脂、赤唐辛子、食塩、ガーリックパウダー、オニオンパウダー砂糖、酵母エキスパウダー、ブドウ糖、たんぱく加水分解物、乳糖、チキンパウダー、ホワイトペッパーパウダー、パプリカパウダー、クミンパウダー、赤唐辛子ペースト、加工澱粉、乳酸Ca、調味料(アミノ酸等)、塩化Ca、炭酸Ca、香辛料抽出物、香料、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カラメル色素 乾燥ポテト、植物油脂、赤唐辛子、食塩、ガーリックパウダー、砂糖オニオンパウダー、酵母エキスパウダー、ブドウ糖、野菜エキスパウダー、たんぱく加水分解物、チリパウダー、乳糖、チキンパウダー、ホワイトペッパーパウダー、パプリカパウダー、クミンパウダー、赤唐辛子ペースト、加工澱粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、酸味料、カラメル色素

 

リニューアル暴君は、オニオンパウダーが少な目で、野菜エキスパウダーが入っている。
香辛料抽出物も控えめです。 

粉のようなものは、野菜エキスパウダーだったのかな。それがポテトっぽく感じる?
オニオンパウダーや、香辛料抽出物(唐辛子エキス?)を控えているので、辛さのパンチがやや弱いんでしょうかね。


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 9

コメント 2

stk

同僚に辛いもの好きがいて持ってくるので休憩時間に頂いたことがあります。自分では買わないと思いますが案外美味しいですね。
by stk (2018-04-16 20:23) 

とんちゃん

> stkさま
スナック菓子は食べないようにしているんです。
ダイエットのために。(;´ρ`)
でも、こういう辛いものは、つい、味見したくなります。
ハバネロやカラムーチョは意外に旨いんですよ。
by とんちゃん (2018-04-17 07:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント