So-net無料ブログ作成

【海の精】「あらしお」で塩むすび [ モニター生活]

P1230349 

モニターで「塩」があたってしましました。
  ⇒海の精ショップファンサイト参加中

P1220879
海の精ショップから送付物が到着。

P1220880
海の精」さんのモニターに当選しました!

P1220886
中に入っていたのは、「海の精 あらしお」の小さな袋と、小袋3つ。
「海の精」は、天日と平釜を使った、伝統的製法で作ったお塩。
伊豆大島産なんですね。

海の精

P1220887
あらしお」の袋の裏。
【シンプルクッキングでちがいをお試しください!】
塩の違いを味わってほしい、ってことですね。

1 ごはんに海の精をつけて食べる。(シンプルー!)
2 ノリや干しワカメなどをお湯に入れ、約1%の海の精でスープにする。
3 きざんだ野菜と約2%の海の精を混ぜ合わせ、15分おいて軽くしぼる。
4 魚に約2%の海の精をつけ、30~60分してから焼く(白身魚は早めに)。
5 肉に約2%の海の精とコショウをつけ、フライパンで焼く。


P1230301
「あらしお」を袋から出してみました。

P1230302
塩の粒子が小さいですね。 

この「あらしお」を使って塩むすびを作ってみました。 

P1230349
いつもの麦ごはんで、塩むすび。

うーん、お塩が美味しい。
ミネラルが多くて旨味があります。

しかも「しょっぱさ」が意外にしっかりと立っています

P1230303
この日は麦の量が多いご飯で作った「塩むすび」。

塩化ナトリウムだけの塩は、単に塩辛いだけなんだけど、これはずっと旨味があります。
なのに、きっちりと塩辛い、というのが特徴みたい。

 

「あらしお」以外に入っていたものは・・・ 

P1220896
小袋の塩が3種。

P1220897
ほししお、やきしお、あらしおドライの3種類。

P1220898
裏に使い方が書いてありますが・・・

P1220895
それぞれ使い道が違うようです。
 あらしお:万能タイプで、煮物、汁物、炒め物、焼き物、漬物に。
 ほししお:塩そのもの味わうタイプで、洋食、汁物、飾り塩、塩スイーツに。
 やきしお:さらさら仕上げで、食卓塩や漬け塩など最後の味の決め手に。
 あらしおドライ:ぱらぱら振れる、焼き物や蒸し物、下味づけに。

P1220899
「うみのせい」という小冊子が入ってました。

P1220900
塩を使った料理なんかも載ってます。

P1220901
NPO法人日本食用塩研究会の「正しい塩の選び方」というパンフレット。 

P1220902
「自然海塩」について、いろいろ解説があります。

P12208882.jpg
「海の精 塩ストーリィ」という、海の精の解説もあります。
これはまた、明日にでも紹介しますね。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント