So-net無料ブログ作成

富山市の路面電車、北前船で栄えた岩瀬を観光 [旅行先]

富山市に行った時のことです。

元祖の味に最も近い富山ブラックラーメンを「喜八」さんでいただいてから、少し観光。
江戸時代に北前船で栄えた港町・岩瀬へ向かいました。
いつもなら写真をバチバチ撮るんですけど、カメラの電池が切れそうなので、節約気味に撮ってます。

カッコイイ市内電車

 

富山市内では、カッコイイ電車が走っています。

1つは富山ライトレールという第3セクターによる「ポートラム」。
もう1つは富山地方鉄道による路面電車で、新型のセントラムと懐かしい車両が走っています。

ポートラムは、富山駅から富山港がある岩瀬までの総延長7.6kmに13駅がある富山港線です。

愛称は「ポートラム」。
港の「ポート」と電車の「トラム」を組み合わせた命名です。


昨日の記事で紹介した富山ブラックラーメンの「喜八」さんの最寄り駅である「奥田中学校前」と富山駅との間は路面電車になっていて、そこから終点の岩瀬駅までが専用線になっています。

元は国鉄線、その後、JR西日本の鉄道線だったものを引き継いだものです。 

その前身は、1927年に開通した富岩(ふがん)鉄道
現在の富山港は、当時は東岩瀬港と呼ばれ、江戸時代には北前船の港、その後は商業港として栄えていました。

その岩瀬から富山市内に向かって富岩鉄道が敷かれたのです。

Toyamako-LineRouteMap2015
(wikipedia「富山ライトレール富山港線」より。)


車両はどんな風にカッコイイかというと・・・

こんな感じです。

P1230119
車両はLRV(Light Rail Transit)、日本語では「低床式車両」。
床が低くて、ホームから段差なしで車両に乗ることができます。
2車体連接の車両で、この車両は赤い色ですけれども、全部で7色あるそうです。

ついでに、いくつか紹介します。

P1230145
帰りに乗ったのは、これ。

P1230146
青いポートラムです。

P1230147
電車の中はこんな感じに細長いです。

富山地方鉄道の方の路面電車も、カッコイイです。

P1230216
新型のセントラム。
これもLRV(Light Rail Transit)です。

こういうモダンな車両もいいですが・・・

P1230214
こんなレトロな電車もカッコイイです。

 

岩瀬の街並み

 

さて、最初の赤いポートラムに乗って、北前船で栄えた岩瀬へ向かいました。

P1230120
終点・岩瀬浜の2駅手前の「東岩瀬」で下車。

P1230121
そこから歩いてかつての街並みを観光しようというわけです。

P1230122
降りたところに、東岩瀬駅のかつての駅舎があります。
(駅舎の写真はパス。)

P1230126
観光マップには載っていない「富山市立岩瀬小学校」。
看板が実にユニーク。これ、子供がつくったらしいです。

以外に古い建物があったりして・・・なんて思って敷地内に入ってみると・・・

P1230124
えっ!なにこれ!w(*゚o゚*)w

「樵夫」(しょうふ)と台座に書いてある。
樵=きこりです。

P1230125
マサカリを持った、力強い姿の木こりのリアルな像です。

いったい誰が創ったものでしょうか?

P1230123

作者は岩瀬出身の高桑文雄
彫塑家小倉右一郎に師事し、昭和7年(1932年)第13回帝展(現・日展)にこの「樵夫」を初出展して入選。翌年、それを岩瀬小学校に寄付しました。
1934年に「円盤」を第15回帝展に出展して再入選。
1935年に第三部彫刻展に「投槍」を出展して特選第一席を得る。
しかし1936年に、26際の若さで急逝した。


1933年に小学校に寄贈され、1996年にこの像が鋳造されたそうです。 
実物は校舎内にあるのかもしれません。
ちなみに「円盤」は京都大学に、「投槍」は富山県森林水産会館にあるそうです。

意外なところで、意外なものを拝見しました。

では岩瀬の街を見ましょうか・・・

P1230127P1230128
食堂天保」さん。昭和26年(1951年)創業という、えらく古い食堂です。

築200年の土蔵を使っているそうで、白エビの料理が美味しいってことを後で知りました。(残念)

 

P1230130
煙突のある、この古い建物は・・・

P1230129
満寿泉」の蔵元・桝田酒造店です。

この蔵元は、岩瀬から北海道旭川市に渡って酒造業を興し、1905年に岩瀬に戻って醸造を続けているそうです。
北海道由来の蔵元だというので、興味深いです。

P1230131
せっかくだから、ここで満寿泉を購入・・・とも思ったのですが。
荷物が重たくなるので止めました。(軟弱です)

 

P1230132
通りには古い商家がずっと並んでいます。
一番手前は旧岩瀬銀行(現北陸銀行)。
実はビルなのですけど、通りに面した部分は、昔の様子を再現しています。

 

P1230143
酒屋の「田尻本店」さん。

P1230140
大きな冷蔵室に、日本酒がズラリと並んでいる。

P1230141
各年の満寿泉がいっぱい!

P1230142
平成16年醸造の純米大吟醸は1升で2万3千円!( ̄□ ̄;)

 

P1230134
一般開放されている商家があります。

P1230135
【回船問屋森家】

「森」を名乗ったのは明治になってからのこと。
江戸時代には「四十物屋」(あいものや)を屋号にして、代々仙右衛門を襲名。
四十物屋は、北前船船主で商人でもあった回船問屋で、明治時代には金融業に進出したそうです。

明治6年の岩瀬大火で建物が焼失し、現在の建物は明治11年に再建されたもの。
だから森家の屋敷。
現在は富山市所有の国の重要文化財です。

「大正時代までは家の裏に神通川の船着き場があった」と解説してあります。
現在の富山港、かつての東岩瀬港は、神通川の河口にできた港で、神通川が港に注いでいました。
しかし河口にあるために、川が運ぶ土砂で港が浅くなるため、神通川の河口が付け替え。
そのおかげで港に大型船が接岸できるようになりました。

P1230136
床の間の脇に大きな金庫。

P1230137
写真がぶれていますけど、立派な金庫です。

P1230138
東京大倉製とあって、当時の東京大倉組が作ったもの。
大倉土木(今の大成建設)やホテルオークラを経営した大倉組のもの。

P1230139
広間の床の間に版画が掲げられています。
作者は、あの棟方志功です。

倉敷紡績(クラボウ)、倉敷絹織(現・クラレ)の二代目・大原総一郎が、戦後にこの建物を購入したときのことです。

1950年に倉敷レーヨンが東岩瀬に富山工場を建設し、ビニロンの製造を行いました。
そのとき大原総一郎がここを気に入って宿舎として購入しました。
ビニロン製造に社運を賭けた総一郎は、「神通川」の読みが「陣痛」に通じることから、ビニロン工業化の「安産」を願って、ここを「晏山寮(あんざんりょう)」と命名しました。
そして親交のあった棟方志功に依頼して作成したのがこの版画で、「美尼羅(ビニロン)版画柵」と名付けられています。
そして版画には、総一郎の依頼でニーチェの『ツァラトストラ』の冒頭の文が刷られています。

その後、1978年にクラレが富山工場を閉鎖し、屋敷は富山市に無償譲渡され、現在に至っています。
(クラレ富山工場は現在、富山化学工業(株)富山事業所 富山第2工場)

そして版画は、倉敷市の大原美術館に移され、ここで展示されているのはそのレプリカです。

 

さて、町並みを眺めてから港の方にも出てみました。

すると・・・・

あれは、なんだぁ?

船です。

でも、ただの船じゃない。

海に浮かんでないんです。

P1230144
船ですけど・・・沈んでる。

近くにあった消防船の人に伺ったら・・・台風21号で座礁したんだそうです。

あらまぁ・・・。

10月23日未明、係留中の西アフリカ・トーゴ船籍の貨物船「REAL(リアル)号」(1798トン)が岸壁も結んでいたロープが切れて流され、消波ブロックに衝突して船体に穴が開き、エンジンルームが浸水したそうです。

解体して、撤去されるのでしょう。
※調べてみたら解体ではなくて、船底にたくさんある穴を塞いで船を浮かし、熊本県まで曳航(えいこう)するそうです。
2018年1月20日ころの予定だそうです。

予期せぬショッキングな現場に遭遇してしまいました。

 

さぁて、このあと、もう1つ行きたいところがあるんですよ。
観光するところ・・じゃなくって、食べるところ。( ^∇^)
そのための腹ごなしに、町並みを眺めながら歩いてみたんです。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント