So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年うしくかっぱ祭り [食べある記]

地元牛久市でフェスティバルが開催されました。
毎年7月の最終土日に開催される「うしくかっぱまつり」。
今年は7月29日(土)・30日(日)に第36回が開催されました。

poster
うしくかっぱまつりHP:http://www.ushikukankou.com/matsuri_kappa36th.htm

祭りでは、ステージでの出し物や通りでの踊りのパレードがあって、これがローカルで面白い。
とくに牛久市オリジナルの「河童ばやし踊り」は、市内の小学校・中学校や自治会、クラブやサークル単位に市民が1万人以上参加しています。

昨年はカミサンが踊りに参加したんで、楽しいパレードを眺めました。
2016年うしくかっぱ祭り、みんなハッスルして踊ってるよ

ところでなんでカッパかというと・・・
牛久沼には河童がいるという伝承があるからです。

今年は踊り会場ではなく、イベント会場へ向かいました。

P1200865
牛久市役所裏でイベントが開催されています。

P1200866
ステージでは素人のど自慢大会。
いや市民参加の音楽会です。

P1200871
その向かい側では屋台がいっぱい。

さて、どの屋台でいただこうか・・・それが今回の楽しみです。

 

P1200867
「大盛りの店!」という店名の屋台。

P1200867 - 2
大盛焼きそばにジャンボフランク・・・大盛料理のお店ですなぁ。

そして「大盛りビール」。
え゛っ!
大盛り」のビール?!
な、なんですか、それ!

ビールの大盛りって、初めて聞くメニューですよ。
生ビールが大ジョッキで出てくるんでしょうか?

ともあれビールが大盛りってのは、嬉しいじゃないですか。

「生ビール1つお願いします!」

ということで出てきた生ビールは・・・

普通のビール用プラカップに入った生ビール。
でも・・・

P1200872
泡がない!

カップ一杯にビールが注がれ、ほとんど泡がない。
こりゃ確かに大盛り生ビールだわぁ!

泡が残っているから生ビールのうまさが保たれるんだ。
なんていう理屈は脇に置いて、多いことはいいことだ!

というわけで、大盛ビールからスタートです。

大盛りビールを飲みながら会場内を散策。

P1200870
敷地の外の歩道にも市内の飲食店等の屋台があります。
どこもテキ屋さんのお店じゃないので、それぞれオリジナルの特徴があります。

そんな屋台の前を浴衣姿の若いペアが歩いていたりして・・・いいですね。

P1200874
ステージでは、ハワイアンのフラダンスに盛り上げっています。 
ご年配の方々ばかりかとおもったら、いえいえ、若い女性もいらっしゃって、それで盛り上がっているのか?
おっと、すっごく若い女の子もいます。和気あいあいという感じです。

さて、大盛ビールも飲んでしまったから、別のドリンクにしましょう。

P1200868
酒屋の「天満屋」さんの屋台です。
天満屋さんは、日本酒や焼酎がいろいろ揃えている酒屋さんなんです。
まだ飲んだことがない日本酒をいただきましょうかね。

P1200877
何にしようかな・・・なんて思いながらお店に近づくと・・・

P1200875
「無濾過 超にごり」なんてお酒がある。
濁り酒ですか!そりゃいいですね。

えっ!

これ「限定麦汁」って、ビールなの?
いや、そんなわけはない。

あっ!「限定焼酎」って、これ焼酎なの?!

「はい、麦焼酎の濁り酒です。」

焼酎の濁り酒って、そもそもそんなものがあるの?
日本酒の場合は、醸造したまんまが濁り酒なわけ。
でも、焼酎は蒸留しているから、濁り酒にならないでしょうよ!

「蒸留しただけの酒は濁っていて、普通はそれをろ過するんです。
これはろ過していないので、蒸留したそのままの濁り酒なんです。」

へぇーーっ!そうなのぉ!
初めて知りました。

P1200876
一升瓶の裏のラベルに説明が書いてあります。

【超にごり限定酒 麦汁(ムギシル)】
超にごり麦汁は蒸留した原酒を全くの無調整、無濾過の状態で25度に割水し瓶詰したものです。
白濁はその証です。

新種のシュワシュワ感とはだか麦の香ばしい香りがミックスした、今でした味わえない衝撃的な旬の味わいです。


へぇ、焼酎の無濾過原酒を割水ですか。
しかも裸麦の麦焼酎。
そりゃ珍しいですね。

じゃぁ、1杯ください。
「飲み方はどうしますか?水割りですか?」
ロックでお願いします。

P1200878
麦焼酎のロック
カップについた水滴で白っぽいのではなく、焼酎自体が白濁しているのです。

大きなプラカップにいっぱい入った焼酎。
これ1杯500円は安いですね。
どうもごめんなさい。」とお店のお兄さんが謝ります。
「カップを間違えて、大きい方に入れちゃいました。」
あらまぁ、それで大きいのね。
それはうれしい間違いじゃないですか。
「いえいえ、謝る必要なんか全然ないですよ。むしろこっちがお礼しなくちゃいけない。
間違えてくれて、ありがとうございます。」

大盛りビールの次は、大盛り焼酎でした。

ところで、この焼酎、旨いです。
麦焼酎は、香りの強い芋焼酎に押されていますけど、これは香りがしっかりしている。
しかも裸麦のせいでしょうか、甘みがあります。

さて、つまみも買いましょうか・・・
さっきの大盛り店で、デカイ串焼とか・・・いや同じ店じゃぁ芸がないなぁ。

P1200869
おや「とん平」さんじゃないですか。

弊ブログにも何度か登場した「とん平食堂」さんです。
 ⇒ハラミ丼は、おかず力もボリュームもある とん平食堂
 ⇒レバーだけだから純レバー丼 とん平食堂
 ⇒辛口ホルモン麺は食すべし とん平食堂
 ⇒もつ煮にすっきり豚骨ラーメン とん平食堂

P1200869 - 2
「とん平」さんなら、モツ煮かな。
おつまみ蒸し豚にハラミステーキ串もある。
どれも旨そう・・・どれにしよう・・・

P1200882
ハラミステーキ串にしました。
これまた大きな串焼きです。

右手にデカいステーキ串、左手に大盛り焼酎ロックを持って、威張った姿勢でいただきます。
かなり気持ちになってきました。

自宅用にお土産を買って帰りましょう。
屋台のメニューというと「やきそば」が定番ですけど、それはいらない、っていうので・・。

P1200880
肉屋の「なかじま」さんの屋台。
メンチカツが有名なんですが、まだ届いていないって・・。
じゃぁ、コロッケください。

P1200881
おっと、「お肉屋さんのカレーパン」がある。
そんじゃ、これもくださいな。

ということで、飲み食いのお祭り参加でした。
ごちそうさまでした。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント