So-net無料ブログ作成
検索選択

こんがり揚げるとんかつ みどりや@虎ノ門 [ 東京ランチ]

P1190947 

食堂めぐりが好きなとんちゃんです。
とくに、いまではほとんど無くなってしまったタイプのお店、あと少し年月が経ったら店を閉めてしまいそうなお店、なんとか残ってほしいお店が大好きです。
なぎら健壱氏いわく「絶滅食堂」みたいなお店です。

虎ノ門にもまだ未訪のそんなお店があるので、訪ねてみました。
(この書き方って、ランチというよりどこかの訪問記って感じですね。)

場所は、虎ノ門3丁目交差点のすぐ東側、虎ノ門ヒルズの南側。

P1190957
とんかつ みどりや」の行灯が目印。
そう、今回の訪問先はただの食堂じゃなくて、とんかつ屋さんです。

P1190958
3階建ての自宅兼店舗らしい建物の1階がお店。
緑色のテント、藍色の暖簾に「とんかつ」と白く染め抜かれています。

P1190956
藍染の暖簾は年季が入って、ところどころ破れている。
破れたところを白い粘着テープで補修しているところがユニークです。

P1190955
お店の外にメニューが張り出されています。
ヒレかつ・海老フライ盛合せ、海老フライ1200円。この2つが一番高い。
ヒレかつ1050円、上とんかつ950円、とんかつ700円。
とんかつ定食700円は、いい値段ですね。
後でわかりますが、税別の料金です。

ということで、お店に入ります。

 

P1190944
お店は奥に細長く、入り口から2掛けのテーブルが5つ。

P1190946
奥には4人掛けのテーブルがあります。

お店には、かなりご年配のご主人が1人で働いています。
料理からフロア係りまで1人で切り盛りするのは大変と思います。

P1190945
テーブルの上には竹製の箸立て。老舗の雰囲気です。
そしてソースと爪楊枝のみ・・・シンプルすぎるセットです。

P1190943
ご年配のご主人がお水を持ってきてくれました。
常連ならば気を使って、自分で持ってくるところでしょう。

さて、オーダーは「とんかつ」にしましょう。
小さな声でオーダーしてもご主人には届きません。
頃合いを見て、大きめの声でオーダーしましょうね。
とりわけニコリともしないご主人。

かつてはきっと、ほがらかな奥様がフロア係り、職人気質で気難しそうなご主人が厨房係だったのでしょう。
そんなよくあるタイプのお店がご主人だけになると、こんな感じになりますね。
でもそれもまた店の味というものでしょう。

ご主人がとんかつを揚げはじめます。
ややあって、料理を運んで来てくれました。

P1190947
◆とんかつ定食
千切りキャベツが添えられたとんかつ、そして丼飯と味噌汁というシンプルな構成。
器に入ったからしもあります。
キャベツやご飯のお替わりはないみたいです。

P1190950
トン汁ではなく、わかめの味噌汁。
煮干しの出汁でしょうか、家庭的でおいしい味です。

P1190948
かなり色が濃い揚げ加減のとんかつ。

P1190951
トンカツとキャベツとソースをかけます。
あまりドロドロしていないタイプのソースは、甘さが控えめ。

P1190954
とんかつは、肉の厚さが少なめで、薄めの衣はしっかり揚がっています。

P1190949
ご飯をほうばって、香ばしいとんかつを味わいましょう。

肉が薄い、揚げ過ぎ、油っぽい、という評価がありますが・・・。
でも衣が分厚いというタイプではなく、値段並みの良心的なとんかつと思います。
油はラードを使って高温で揚げていて、揚げ過ぎになっているのかも。
またラードが重く感じるのかもしれません。

衣をもう少し厚めにしてかつ丼にしてほしい感じです。
以前はあったかつ丼のメニューが今はないようです。
ご主人1人で営業するようになったからでしょうか。残念です。

どうもごちそうさまでした。

食べログ: みどりや

関連ランキング:とんかつ | 虎ノ門駅神谷町駅御成門駅


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント