So-net無料ブログ作成

味源「ミニパクチーミックスナッツ」を食べてみた [ パクチー]

JR東日本の駅構内にあるコンビニ「New Days」でパクチー商品を発見!
一昨日に紹介した味源「パクチー柿の種」。
昨日紹介した味源「パクチーポテトスティック」。
実はさらにもう1つあったんです。

P1190816
◆ミニパクチーミックスナッツ

その下にタイ語みたいな文字が書いてあるんだけど、よく見ると・・・
「Pakchi Mixed Nuts」って英語。
なんちゃってタイ語ですよ。(*^^*)

【後引くエキゾチックな香り 4種のナッツハーモニー】というキャッチコピー。
エキゾティックなパクチーの香りがする4種のナッツですね。

【アーモンド、カシューナッツ、くるみ、ピーナッツ】と書いてあります。
なんだか、ビールのつまみに合いそうですよ? 

味源

 

 

メーカーは香川県まんのう町にある有限会社味源さん。
味源はパクチー商品をいろいろ販売していて、2016年11月からは「PHAKCHIES」(パクチーズ)というパクチー専門のブランドを立ち上げました。

そして2016年11月19日から「パクチー柿の種」とともに「パクチー4種のミックスナッツ」が販売されました。

 

さらに2017年2月3日に夏季限定で「ミニパクチー柿の種」とともにこの「ミニパクチーミックスナッツ」が販売されました。

 

P1190817
パッケージの裏にはこう書いてあります。

アーモンド、くるみ、カシューナッツ、ピーナッツの4種の香ばしいナッツに、パクチー風味のオイルをかけ、さらに乾燥パクチー粉末をまぶしました。
ナッツの食感とパクチーのエキゾチックな香り、後引く美味しさをお楽しみください。


パクチー風味のオイル乾燥パクチー粉末というのは、「パクチー柿の種」や「パクチーポテトスティック」と同じです。 

P1190818 
原材料には、落花生、アーモンド、くるみ、カシューナッツそして「乾燥コリアンダーリーフ」。コリアンダーリーフがパクチーですね。

で、その中身はどうなっているのかというと・・・

P1200101
パッケージの中身は4種類のナッツ。

P1200103
ピーナッツは、塩とパクチーにまみれていますよ。
柿ピーのピーナツよりもずっと塩の量が多い感じです。
パクチーの香りは・・うん、それなりにしますね。
パクチーっぽいよ。σ(゚ー^*)

P1200104
クルミはパクチー臭が弱いかな。

P1200105
カシューナッツもサックリした食感にパクチー臭

P1200102
コリコリしたアーモンドは、アーモンドの香りがパクチー臭に勝っている。

意外にもナッツによってパクチー臭の強さが違っています。
香りの強いアーモンドはパクチー臭が弱い。
しかもオイル分の多いクルミはパクチー臭が和らぐのかもしれません。

全体としてはパクチーの香りがするナッツとして、なかなか旨い。
「後を引く」のは、パクチーの香りよりもナッツの旨さかもしれません。

ビールに合いますよ。(*^0゚)v


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0