So-net無料ブログ作成
検索選択

味源「パクチーポテトスティック」を食べてみた [ パクチー]

JR東日本の駅構内にあるコンビニ「New Days」でパクチー商品を購入しました。

1つは、昨日ご紹介した「パクチー柿の種」。
それといっしょに買ったもう1つのパクチー商品です。

P1190813
パクチーポテトスティック チーズ味

その下にタイ語みたいな文字が書いてあるんだけど、よく見ると・・・
「Pakchi Poteto Stick」って英語。
なんちゃってタイ語ですわ。(*^^*)

【後引くエキゾチックな香り ほっくりじゃがいもとの絶妙なハーモニー】のキャッチコピー。エキゾティックなパクチーの香り、そして「ほっくり」したポテトね?
なんだか、おいしそうですよ。 

poteto-stick 
こんな激しいPRもしています。
パクチーにチーズが合う、ほほぉ、そうですかぁ・・・。 

さて、どんなものでしょうか? 

 

 

P1190814
パッケージの裏にはこう書いてあります。

特殊製法でじゃがいもの美味しさを閉じ込めたポテトスティックに、パクチー風味のオイル乾燥パクチー粉末をまぶし、さらにチーズで味付けしました。
パクチーとチーズの濃厚な美味しさをお楽しみください。

やっぱり、パクチーと濃厚チーズですね。


P1190815
メーカーは香川県まんのう町にある有限会社味源さん。
昨日の記事に書いたように、味源はパクチー商品をいろいろ販売していて、2016年11月からは「PHAKCHIES」(パクチーズ)というパクチー専門のブランドを立ち上げました。
そして2017年3⽉16⽇から販売されたのが、この「パクチーポテトスティック」です。

 

【原材料名】は、じゃがいも等々。
乾燥コリアンダーリーフチーズパウダーが入っています。

「パクチー」じゃなくて、「コリアンダーリーフ」って書いてある。
タイ語の「パクチー」も英語の「コリアンダー」も、同じものです。

さて、パッケージから中身を出してみましょう・・・

P1200044
こんなポテトスティックです。
パクチーの香りが少しします。

P1200047
ポテトスティックに乾燥パクチーがかなりまぶされている。
チーズパウダーもまとわりついています。

食べてみると・・・・最初はカリっとして、サクサクした食感。
カルビーの「じゃがりこ」みたいな感じです。
で、「ほっくり」というより全部「カリカリ・サクサク」です。

そして肝心のパクチーの香りは・・・ん?
あんまりしないぞ。 (;´ρ`)
いくつか食べるとチーズの香りが勝っています。

あんまりパクチーっぽくないなぁ。
そう思っていると・・・口の中にパクチーの残り香が。
パクチーしてるわぁ。(^^)

ネットで見ると、パクチー風味がたまらない!という評価があります。
そうかなぁ?
ガツンとパクチー香る、って感じじゃないよ。

どうもパクチー感受性というかパクチー耐性の違いによって、評価が分かれるようです。

とんちゃんみたいなパクチー強靭耐性の人にはかなり物足りない感じ。
でも普通の人にはたまらないパクチー風味、ってことみたいです。
そういう意味では成功しているってことですね。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0