So-net無料ブログ作成
検索選択

ポール・マッカートニーライブ 2017.4.27 東京ドームへ [雑記]

P1190353

ポール・マッカートニー、ワン・オン・ワンジャパンツアー2017、4月27日東京ドーム公演。
夫婦で行きました。

午後7時ちょうどの開演から約2時間半。
ほんの僅かのトーク以外は、演奏と熱唱のみ。

もう、感動の嵐でした。ヽ(^◇^*)/

 

後楽園駅を降りると、ドーム周辺は大変な人。
とんちゃんくらいの年齢、いやそれ以上のオジサン・オバサンがいっぱい。
ジジ・ババのペアが多いですね。
でも若い人も大勢で、ファミリー客もいます。

P1190355

P1190354
とんちゃん夫婦は、アリーナ席ではなく観客席。
約4万8千人もの人たちがが入ってるそうです。

P1190352

P1190356
スクリーンに、ポール関連の写真や動画が走馬灯のように映し出されます。

P1190357
ついにポールが登場。
オープニング曲は「A Hard Day’s Night」。

「コンニチワ、ニッポン」「コンニチワ、トーキョードームゥ」と日本語で挨拶。

P1190358
Back In The U.S.S.R.」のときには、旧ソ連(U.S.S.R.)を象徴する動画アニメが映されました。

P1190359
その動画がなかなか面白い。

P1190360
Let It Be」は当然、ピアノで。

P1190361
Hey Jude」まで。

P1190362
アンコールを求める拍手の渦。

P1190363
アンコールは英国国旗、日の丸、そしてレインボーフラッグをもって登場。
レインボーフラッグはサンフランシスコで使われ始めた、LGBTを応援する旗です。

P1190364
アンコールは「Yesterday」から。

P1190365
Hi, Hi, Hi」の演奏後に観客をステージに上げます。
今回は少年とその父親。

日本武道館公演では「Yesterday」の演奏後に「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のの衣装を着た観客をステージの上に上げたそうですが、そのお客さんは、今日も来ていました。
熱烈なファンなんですね。

その後の「Birthday」は、とんちゃんにとっては想い出の曲。
高校3年のとき、クラスメイトとバンドを組んで、秋の文化祭で演奏した曲の1つが「Birthday」。
ドラムス担当だったとんちゃんは、思わずエアドラムを叩いてしまいました。

P1190366
Golden Slumbers」が始まり、いよいよエンディングです。

P1190367
「Golden Slumbers」「Carry That Weight」「The End」は、3曲が切れ間なく一続きになってます。
とくに「Golden Slumbers」と「Carry That Weight」のドラム演奏はとても好きなんです。

P1190368
そして「The End」へ。

P1190369 

P1190370
まさにThe End。

P1190371

P1190372
最後はスタンディングオーベイション。

P1190373
あぁ、おわってしまった・・・

青春時代の感動に再び触れた感じです。

 

4月27日、東京ドーム公演のセットリストは以下の通り。( )内はポールの使用楽器。
(「ロックの歴史を追いかける」より。)

  1. A Hard Day’s Night(ヘフナー・ベース)
  2. Junior’s Farm(ヘフナー・ベース)
  3. Can’t Buy Me Love(ヘフナー・ベース)
  4. Letting Go(ヘフナー・ベース)
  5. Temporary Secretary(ヘフナー・ベース)
  6. Let Me Roll It~Foxy Lady(レスポール・デラックス)
  7. I’ve Got a Feeling(レスポール・デラックス)
  8. My Valentine(ピアノ)
  9. 1985(ピアノ)
  10. Maybe I’m Amazed(ピアノ)
  11. We Can Work It Out(マーティン・アコースティック)
  12. In Spite of All the Danger(マーティン・アコースティック)
  13. You Won’t See Me(マーティン・アコースティック)
  14. Love Me Do(マーティン・アコースティック)
  15. And I Love Her(マーティン・アコースティック)
  16. Blackbird(マーティン・アコースティック、ポールのソロ)
  17. Here Today(マーティン・アコースティック、ポールのソロ)
  18. Queenie Eye(マジック・ピアノ)
  19. New(マジック・ピアノ)
  20. The Fool on the Hill(マジック・ピアノ)
  21. Lady Madonna(マジック・ピアノ)
  22. FourFiveSeconds(マーティン・アコースティック)
  23. Eleanor Rigby(マーティン・アコースティック)
  24. I Wanna Be Your Man(ヘフナー・ベース)
  25. Being for the Benefit of Mr. Kite!(ヘフナー・ベース)
  26. Something(ウクレレ/マーティン・アコースティック)
  27. Ob-La-Di, Ob-La-Da(ヘフナー・ベース)
  28. Band on the Run(ヘフナー・ベース)
  29. Back In the U.S.S.R.(ヘフナー・ベース)
  30. Let It Be(ピアノ)
  31. Live and Let Die(ピアノ)
  32. Hey Jude(マジック・ピアノ)

[アンコール]

  1. Yesterday(エピフォン・テキサン)
  2. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)(ヘフナー・ベース)
  3. Hi, Hi, Hi(ヘフナー・ベース)
  4. Birthday(ヘフナー・ベース)
  5. Golden Slumbers~Carry That Weight~The End(ピアノ/ギブソン・レスポール)

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 2

式守錦太夫

おー、なんか「らしくない」記事です(笑)
でも、行間に興奮と感動が伝わってきました。
ドラムスを学生時代にやっていたというエピソードも、お初でした。
じゃあ今でも・・。
東京ドームは散々行っているので、席番を見ただけで、
だいたいの見え方が分かります。
写真OKだったんですね♪
by 式守錦太夫 (2017-04-30 00:36) 

とんちゃん

> 式守錦太夫さん
「らしくない」ですよね!(笑)
夫婦で感動しましたぁ。
ポールが元気なうちに、機会があったらまた行きたいです。
高校3年の文化祭では、ビートルズ、クリーム、シカゴ、グランド・ファンクの曲を演奏しました。
懐かしいなぁ・・・(遠くへ目線)
公演では、録画・録音はダメ!とアナウンスしていましたよ。
写真はOKではないでしょうけど、お目こぼし?
by とんちゃん (2017-04-30 08:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0