So-net無料ブログ作成
検索選択

越後酒道倶楽部で旨い地酒と焼き鳥を 鳥幸@新潟県上越市 [飲みある記]

P1160848

新潟県上越市の直江津で飲み歩くとんちゃん。
おでんの「おおた」さんで飲んでから、駅前通りにある居酒屋へ向かいました。

P1160846
鳥幸」さん。
店名から焼き鳥屋さんであることはすぐに了解します。
でも気になっているのはこっち・・・

P1160847
【越後酒道倶楽部】の看板。
前回、直江津に来た時から、この看板が気になっていたんです。

店内は、黒光りするカウンターとその中に老主人。

いかにも一家言ある拘りの大将のよう。
カウンターにはすでに常連さんらしいお客が酒を飲んでいます。
気の小さいとんちゃんは、一見客でもあり、恐縮しながらカウンター席に座りました。 

P1160851
目の前に日本酒の銘柄が書かれた木の札が下がっています。
ずっと昔から新潟の日本酒を看板にしていた、という感じ。
雪中梅、八海山、〆張鶴、麒麟山は知っているけど、潟舟、越の白雁、鮎正宗って知りません。

P1160854
一升瓶もいろいろ並び、どれにするか大いに迷います。

先客に主人が勧めた銘柄があったので、とんちゃんもそれをいただきました。 

P1160848
◆潟舟特別本醸造

P1160854 - コピー.jpg
「潟舟」は上越市大潟区(旧大潟町)の蔵元・竹田酒造店のお酒。
「淡麗辛口」ではなく「甘口」なのにキレがある味わい深い日本酒を追求している蔵元だそうで、旨味の強いお酒です。

P1160849
◆お通し
出汁で温めた湯豆腐が出されました。
ふむふむ、こいつは日本酒にぴったりです。 

P1160853
さぁて、つまみは焼き鳥だよな。
1本の値段が掲げられていますが、そのとおり1本からオーダーできます。

P1160852
鶏とモツがありますが・・・

P1160850
◆焼き鳥
カシラ、レバー、ハツをいただきました。

P1160855
◆煮込み
焼き鳥屋ではこれは鉄板でしょう。

P1160856
七味唐辛子をたっぷりかけるのが旨さの秘訣!(と思ってます。)

もう1杯、お酒は・・・ 

P1160858
素敵なおねえさんのカレンダーの隣にある「燗(かん)」ってお酒も気になります。

後でググったら、「金の達人SELECTION贅沢ブレンド 燗」という酒。
新潟県酒造組合の新潟淡麗倶楽部が「新潟清酒達人検定」を行っていて、金銀銅の3クラスがあり、最高が「金の達人」。
その金の達人の認定をうけた上越市のまいどや酒店が、千代の光酒造の協力でブレンドした酒のようです。 

P1160851 - コピー.jpg
「吟田川」という銘柄が気になります。

P1160857
◆吟田川(ちびたがわ)特別本醸造
「チビ太」というと「おそ松君」を思い出しますが、それとは無関係。

上越市柿崎区(旧柿崎町)の蔵元・代々菊醸造のお酒。
自作田で収穫した米を使って仕込んで仕込んでいて、特別本醸造は自家製五百万石を使った地域限定販売のお酒だそうです。
端麗だけど旨口のお酒です。

もう少し飲んだと思うんですけど、写真がない・・記憶もない・・・
しかし酒をこよなく愛する大将がいるいいお店でした。

ごちそうさまでした。

食べログ: 鳥幸

関連ランキング:焼き鳥 | 直江津駅


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。