So-net無料ブログ作成

宿根木集落と清九郎の家@佐渡市 [旅行先]

src_39876412 

昨年、佐渡に行った時のこと。
南端部に位置する小木町の「宿根木(しゅくねぎ)集落」に行きました。

 

宿根木は江戸時代に廻船業で栄えた町。
そこには、船大工が建てた100棟以上もの板張り家屋が、狭い入り江にびっしり建つ町並みに目を見張ります。

wali_map 
宿根木公式HPより)
宿根木集落の全体が「重要伝統的建造物群保護地区」(略称「重伝建地区」)になっていて伝統的建築物が多数残っています。

googleのストリートビューで宿根木の集落内を見ることができます。
 ⇒宿根木googleストリートビュー

 

P1160795
こんな狭い石畳の小路が高台から海へ通じています。

P1160794
板の屋根の上に重石を並べている「石置き木羽葺屋根」。
ここは普通の民家ですが、さらに大きな民家がいっぱい並んでいます。

一般に公開している建物はいくつかあります。 

P1160797

有名な「三角家」。
でも改修中で外観もわからないし、見学もできませんでした。

10
宿根木公式HPより)
本来はこんな建物なんです。

src_39876412
吉永小百合さんが立つこのポスターをご存知の方も多いはず。

P1160796
2階建ての大きな建物。

P1160799
公開民家の「清九郎」。

P1160798
「清九郎」って、人の名でみたいですね。

ここは江戸時代中期に廻船業を始め、江戸後期から明治にかけて財をなした有田家の邸宅でした。
建築は19世紀中期とみられていて、明治末に、石塚清九郎さんに売却されたもの。
【外観は質素であるが、内部に意匠を凝らしており、宿根木の建物の中でも建築材料、技術とも最高水準を誇る建物のひとつである。】と説明書きにあります。

「清九郎」を名のように説明しましたけど、本来は「屋号」だと思います。
江戸時代、庶民は「姓(苗字)」がなかったので、その代わりに「屋号」つけて呼び合っていた地域があります。
単なる「太郎」じゃなくて「清九郎の太郎」と呼んでいたんです。

この建物は、以前は民宿としても利用されていました。
その後、管理を市に委託したので、今は公開されています。 

建物の中をいろいろと案内していただきました。
googleのストリートビューで清九郎の家の中を見ることができます。 
 ⇒清九郎の家のgoogleストリートビュー

P1160800
オマエと呼ばれる居間は吹き抜け。
ケヤキや一本杉の漆塗り戸など、すばらしい建物です。
高いところにある窓の開閉は、こうしてヒモで操作します。

P1160801
その奥にある寝室。
高い敷居の向こうで寝ていたと思います。

P1160805
仏間にある大きな仏壇。
仏壇の両側が壁、というか部屋いっぱいに仕立てられた仏壇です。

P1160804
彫り物が施された立派な仏壇ですよ。
民宿を営む清九郎さんは移転のとき、この仏壇を持って行かなかった。
実は、作り付けだから、移動できなかったんです。

P1160810
2階に上がると大きな座敷。

P1160808
2階の大座敷。

P1160806
襖絵がすごい。水墨画が描かれています。
四季の風景が描かれています。

P1160807
襖の上の欄間にも水墨画が描かれている。

P1160809
こんな欄間にも絵を描かせたんですね、なんて説明をしていた(はず)。 

P1160802
庭には、岩をくり抜いた物置があります。
天然の冷蔵庫ですね。

オーナー・清九郎さんは、小木町内で「民宿清九郎」を営業されているようです。
ご子息は、宿根木で和食のレストランを経営されていましたが、今は東京に移転されたそうです。⇒食べログ「菜の花」

 

せっかくだから、もう少しゆっくり見学したかったなぁ。
この近くの小木港から直江津港に行く予定だったんです。
ところが台風が近づいていて小木港からの高速フェリーが運航しないかもしれない、っていうんです。
それで早い時間帯に北の両津港から船に乗ることにしたもんで、時間がなくなってしまったのです。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0