So-net無料ブログ作成
検索選択

おふくろの味カレーで、ジャンボカツカレー ゆで太郎@茨城県牛久市 [ ゆで太郎FC全メニュー]

P1140866

休日のランチ。
気になるメニューをいただきに、いつもの店へ・・・。

P1120596
「ゆで太郎」さん。(写真は以前のもの)
ゆで太郎システムのFC店で、9月1日から秋の新メニューが登場しています。
それとあわせて【フルサイズセット】が3つ、トリオでそろいました。

160820_fullsize.jpg
これらのうち「ジャンボかつ丼」「ジャンボカツカレー」は6月1日からの夏メニューから登場したもの。
そばとセットで800円、単品で600円です。

ジャンボカツ丼は7月にいただきました。
 →ジャンボかつ丼って、どんなだ? ゆで太郎:http://onhome.blog.so-net.ne.jp/2016-07-09

そしてジャンボカツカレーも8月にいただきました。
でもそれをアップするのがすっかり遅くなって、今日になりました・・・。

P1140865

◆ジャンボカツカレー
蕎麦とのセットでなく、単品でいただきました。
だって蕎麦とセットじゃ食いすぎだから・・・。
ジャンボかつ丼についていたスープは、ついていません。

P1140866
ところで、何で「ジャンボ」なのか?

このお店には「ミニかつ丼」と「ミニかつカレー」があって、カツは「ミニ」がデフォルトなんです。
以前は、そのミニが2つ入った「Wかつ丼」っていうのがありました。

ところが新メニューでは、「ミニ」が2つで「ダブル」じゃなくって、大きな1枚のカツになったんです
そんなら「ミニ」が「普通」になったんだろう!(≧ヘ≦)

いえいえ、実はそれだけじゃなくて、肉が厚くなったそうです。
大きさも厚さも増したから「普通」じゃなくて、「ジャンボ」なんだ!(*^▽^*)
ってことみたい。

P1140867
果たしてカツの肉は・・・成形肉じゃなくて、ちゃんと普通の豚肉です。
そしてそれなりの厚さですよ。
しかも衣が厚過ぎなくて、サクサク感がある。いいじゃないですか。

P1140869
カレーは、ニンジンや玉ねぎ、豚バラが入った家庭的な味
昔のおふくろの味カレーってところかな。
いまでは市販のルーが、かなり本格的な味になっているから、家庭のカレーもハイレベルです。
昔の家庭のカレーはボンカレーみたいに素朴な味でした。

辛さが足りない場合は、一味唐辛子を投入しましょう。

P1140870
一味唐辛子=カイエンペッパーを加えて、ややホットになったカレー。

P1140873
ホットなカレーでカツも少しホットに。

P1140872
玉ねぎだけでなく、豚肉も入っているから嬉しい。
学生時代に学食で食べたカレーは、恐ろしく安かった。
でも肉に出会うことがほとんどない、という寂しいカレーでした。

そうそう学食のカレーは、スパイシーさも足りなくて、ソースをかけて食べている学生もいましたね。

あっ、そうか!(⌒▽⌒)

P1140874
思い出したように、ソースをかけてみました。
おっと、こりゃ旨い。
このカレーをさらに旨くいただくために、一味唐辛子とソースをかけていただくことをお勧めしましょう。 (*^0゚)v

P1140871
福神漬けと紅生姜はセルフでいただきます。
カレーには、甘い福神漬けが普通ですけど、スッキリと辛い紅生姜もお似合いですよ。(*^^*)

600円のジャンボかつ丼、なかなかいいです。
でも、かつやのカツカレーは590円なんですよね。
単品だったら、そっちの方がお得かな。
でも蕎麦とセットだと、320円のかけそば(実はたぬきそば)がついて、プラス200円の800円。
やっぱり、ここではお蕎麦とセットがいいんでしょう。

ともあれ満足。ごちそうさまでした。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 牛久駅


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。