So-net無料ブログ作成
検索選択

秋田の味覚と美酒に酔う銘店 美酒亭美称@秋田市 [飲みある記]

P1120913

秋田市に行ったときのこと。
札幌ならススキノ、福岡なら中州、そして秋田の夜といえば川反(かわばた)というのが相場でしょうか。
しかし今回の訪問では、あえて川反を外して、ちがった方向に向かいたいと思います。

秋田駅の近くには秋田市民の台所、秋田市民市場があります。
その周辺には実にいい感じのお店がいっぱいあります。

P1120949
ふらふらと歩いて見つけたお店。
このたたずまい、実にいい感じじゃないですか。

P1120949 - コピー
郷土料理のお店「美酒亭 美称」さん。

P1120948
昼真に見るとこんなツタの絡まる一軒屋のお店です。

藍色の暖簾をかきわけ、引き戸をくぐると・・・

 

P1120923
落ち着いた雰囲気の店内。
1階はコの字型のカウンター、奥には座敷があります。
お店は品のいい女将とご主人で営まれています。

P1120905
◆生ビール
まずは生ビールから。
ほほぉ、サッポロ黒生ですね。ウレシイ。

P1120907
お通しはこれ。
シメジ、鶏とミツバ、そしてゼンマイの冷製です。
実に渋いですね。

P1120906
さっそくいただきます。

P1120908
そして漬物。
べったら漬けと秋田の名物いぶりがっこ。
とんちゃんは、いぶりがっこが大好き。当然、その味にもウルサイ。
土産で売られているいぶりがっこは、甘いのが多いんです。
沢庵もそうですけど、ほんのり甘いのはいいけど、甘過ぎるのはNG!

このお店のがっこは、ほんのり甘くて、スモーキーな香りが酒の肴に実にいい。
毎年決まった生産者から買っているんだそうです。

P1120909
料理のメニューは、木を薄く削った経木に書いてあります。
経木なんて珍しい。最近じゃ目にすることがなくなってきましたから。

【春の肴】と銘打たれたお品書きの料理はなんでしょう・・・。

「やりいか」なんていいねぇ。 (*^^*)

その隣の「だだみ」って何だ!(*゚Д゚*)ェ…
女将さんに伺ったら「真鱈の白子」だって。
タラの白子ですか!そいつはもう大好きですよ!ヽ(^◇^*)/

P1120910
こっちは【旬】と銘打たれたお品書き。
女将さんは「三関のセリ」を勧めてくれたんですけど、「男鹿の平目」に目が行ってしまう。(◎_◎)
「じゃぁ、2人用に盛り合わせましょうか?」と女将さん。

P1120911
鍋もお願いしましょう。
秋田と言えば・・・きりたんぽ?
いやいや、ここは「しょっつる鍋」にしましょう。
しょっつると言えばハタハタ、かと思いましたけど、タラもあるって。
同行者の意見で、タラのしょっつるにしました。

P1120912
【春限定】と銘打たれたお品書き。
「限定」と来ると、これはただでは済まされない。

ひろっこ」ってなんだろ? (◎_◎)
ワケギの新芽だそうで、「蒜(ひる)っこ」が語源らしい。
野蒜(のびる)のことも「ひろっこ」と呼ぶらしいですけど、販売されているものはワケギだそうです。

 

P1120913
◆刺身盛り合わせ
男鹿の平目、やりいか、だだみの盛り合わせ。

P1120914
「だだみ」の刺身。
湯通ししていない、まさに生の白子をいただけるのは珍しい。
甘くてうまい!

こんなつまみをいただくなら、飲み物は日本酒に決まってます。

P1120916
比良泉を上燗でいただきました。

P1120915
お客さんのらしい写真がいっぱい。
いろんな想い出なんでしょうね。

P1120922
壁にも経木の短冊に書かれたお品書きがあります。
「比内鶏皮焼き」なんてのを発見!季節限定で、今は手に入らないそうです。

P1120917
比内地鶏の皮焼きは秋限定なのね!残念!なんて言いながら平目をいただきます。

P1120918
◆タラのしょっつる鍋
右上の白っぽい野菜が「ひろっこ」です。

P1120919
できあがった「しょっつる」を女将さんが大きなお椀にとりわけてくれます。

P1120920
タラのしょっつる。

P1120921
活きのいいタラがうまい。そしてしょっつるの汁が実にうまい。
酒は、比良泉から刈穂へ変更。
どっちもうまい日本酒です。

料理は旨いし、ご夫婦は素敵だし・・とってもいいお店に出会えることができました。
機会があったらぜひ再訪したいお店です。
ちなみに同行者は、この翌日に即、再訪したそうです。(^∇^)

ごちそうさまでした。

食べログ: 美酒亭美称

関連ランキング:和食(その他) | 秋田駅


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。