So-net無料ブログ作成
検索選択

旨すぎてヤバい、絶品レバニラに出会う ここのつ@北千住 [ 東京ランチ]

P1120265

北千住駅でランチにしました。
ここにすっごい食堂があるらしいのです。

P1120275
北千住駅東口にある「学園西通り 旭町商店街」
目指すお店はこの通りにあるらしい。

P1120274
こじんまりとした、喫茶店風のお店。

P1120274 - コピー
「ここのつ」さん。
青い暖簾の中央に丼飯の絵、その両側に【定食】【本格焼酎 生ビール】と書かれている。

P1120273
店の前の黒板に【究極のまかない食を追及した定食屋です】とあります。
なるほど定食屋さんなんですね。いいじゃないですか。
しかも「究極のまかない食」って、どんなんでしょう。

【究極のレバにら炒め900円】だって!
究極のレバにらって、ナニ?( ̄□ ̄;)!!
「究極のレバにら」が、このお店のウリらしい。
今回はそれをいただきに来たんですけど、でもどんなものかよくわからないの。

ところで店名の「ここのつ」。これってどういう意味があるんだろ?
その答えがわかった人は江戸通ですね。
江戸時代の時刻で「九つ」は12時のこと。ランチどきのことですね。(^^)
でももしかしたら夜中の12時のことだったりして。

さて店内は2人掛けのテーブルが8つという小さなお店。
お店に入ると、フロア係りの女性にテーブルを指示されます。

P1120261
スツールのイスと思ったら、なんとクッションの下は生ビールの樽です。
キリンビールの20L樽ね。こういうの始めてかも。

P1120258
椅子に座ると、温かいオシボリと温かいほうじ茶が提供されます。
コートは壁に掛かったハンガーに吊るしましょう。

P1120260
テーブルの下には毛布のひざ掛けがあるので、冷え性の女性には嬉しいですね。

P1120262
さて、メニューを拝見。
「究極のレバにら定食」が900円。
レバにら定食900円とは、かなり強気の料金設定ですよ。

しかしいったいナニが「究極」なんでしょうか。
説明が書いてあります。
 【え、鶏のレバー?
 口の中でとろける食感は、牛や豚のレバーでは決して味わえません。
 女性やレバーが苦手な方もぜひ一度御賞味ください。
 当店自信の一品です!】

ほほぉ、鶏レバーなんですか。

確かに鶏のレバーは、牛や豚のレバーとは違って、まったりととろける食感です。
それをレバにらにした料理は、まだ食べたことがない。

ハーフのレバにらと鳥から揚げ等がセットになったメニューもいくつかあります。
しかしここはやはり、当店自慢の「究極」の味をたっぷりいただきましょう。

「レバにら定食1つ!」とオーダーです。

P1120263
食事メニューの裏は夜のメニュー。
1番搾りのジョッキが480円、つまみは200円からあります。

P1120259
壁に架かったメニューは「本日の焼き魚」。
目抜けの西京焼と粕漬けがあります。
丼飯は、納豆丼や梅じゃこしそご飯に変更もできるそうです。

ガラス越しに見える厨房を眺めると、中には若いご主人。
コックコートを着たご主人。雰囲気はイタリアンのシェフみたい。
「定食」を謳うお店ですけど、意外にしっかりしたシェフなのかも。

オーダー順に料理が出されていき、いよいよとんちゃんの番です。

P1120264
◆レバにら定食
レバにらとご飯だけを想像していましたけど、お盆には意外にいろいろと料理が載っています。

P1120267
まずは味噌汁を1口。
ワカメの味噌汁にキャベツの切れ端、ワカメとキャベツのみそ汁です。
味は・・・鰹出汁の味噌汁・・・うまいわ。

P1120270
ベジタブルファーストでサラダから。
レタスと水菜のシャッキリしたサラダ。

P1120265
さて、では、いよいよメインのレバにらをいただきましょう。
ほほぉ、確かに鶏レバです。しかもレバーがいっぱい。
ニラに比べてレバがいっぱいです。

「カレーライス」と「ライスカレー」の違いについては諸説ありますが・・・
「レバニラ」と「ニラレバ」の違いは、レバニラはレバが多くて、ニラレバはニラが多い。
なんて説がもしもホントだとしたら、これはまさしくレバが多い「レバニラ」です。

P1120271
鶏レバはあまり切り分けずに、大きなまま。
箸で持つと、プルン、フニャンとした、いかにも柔らかい様子。
口へ入れると・・・・んむ!!(◎_◎;)

うんまー!o(>▽<)o

レバーが、口の中でマッタリ、そしてとろける。
鶏レバーは、牛や豚のレバーよりも肌理が細かくて、マッタリしています。
そのレバー火を通しすぎずに、ミディアムレアー状態に炒めてあるから、レバーがトロトロ。
口の中でとろけます。
ネットリしたクリームをいただいている感じです。
新鮮な鶏レバーは、もちろん臭みが全くありません。
そしてその味つけが、濃い甘辛ではなく、レバーの風味を損なわない程度の味付け。

この旨さはヤバイです。
こんな旨いレバニラは初めていただきました。

P1120272
ニラとレバーをいっしょに食べてみたんですけど、ニラの味にレバーの味わいが隠れてしまう。
レバーはレバー単独で食べるのがいいようです。

P1120266
ご飯も美味しい。
クリーミーなレバーのおかげでご飯が進みます。
こいつは、大盛りにしとけば良かった。

P1120268
小皿に冷や奴があります。

P1120269
そして大根と人参の漬物。
この漬物は自家製の糠漬みたい。
こいつで日本酒をチビチビってのも、乙ですね。

究極と自慢する鶏レバニラは、絶品の味でした。
今までいただいたレバニラの中で、ダントツに一番旨いレバニラです。
ぜひまた味わいたい逸品です。

ごちそうさまでした。

食べログ: ここのつ
昼総合点★★★★ 4.3

関連ランキング:定食・食堂 | 北千住駅牛田駅京成関屋駅


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 9

コメント 2

式守錦太夫

これは素敵なお店、北千住は私の第二の故郷なので、今度行ってきます。
遅くまでやっているのもありがたい。
ビヤ樽に直接座ると、いろいろ痛いので(笑)
クッションがありがたいですね~。
by 式守錦太夫 (2016-02-24 03:08) 

とんちゃん

> 式守錦太夫さん
北千住は式守さんのシマですもんね。
ここ、写真じゃわかりませんが、オシャレなお店です。
夜がいい感じのお店ですよ。

by とんちゃん (2016-02-25 05:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1