So-net無料ブログ作成

めしばな刑事タチバナ 第9話:中華チェーン緊急配備(1) [食文化]

テレビ東京の深夜番組「めしばな刑事タチバナ」の第9回は「中華チェーン緊急配備」でした。
脚本:田口佳宏、監督:宝来忠昭です。

いつものように以下の4点にまとめてみます。

◆「めしばな」のネタ
◆タチバナの熱い語り
◆立花流レシピ
◆タチバナの主張

このうち、今日は「めしばな」のネタ、そして熱い語りの「餃子の王将」の部分です。残りは明日に回しますね。

◆めしばなのネタ

ドラマに出てきたお店とメニューを並べます。
今回は犯人とタチバナとのやり取りが中心で、そこに韮沢課長や副署長が絡んでストーリーが展開します。なのでメニューを誰が推したかを立花刑事、犯人、韮沢課長、副署長の頭文字(漢字)で示しておきます。
そして原作のどこに出てくるかも示します。

店舗メニュー原作
幸楽苑中華そば
坦坦麺朝定食:
 鮭&納豆定食、鮭&玉子定食、
 玉子&納豆定食、朝中華・鮭納豆定食、
 朝中華・鮭玉子定食
餃子の王将餃子第1ばな
唐揚げ
焼めし、チューリップ
バーミヤンさっ ぱりレモンのオーギョーチ、
七彩の冷やし中華
北京ダック
五味八珍浜松餃子、手羽先塩揚げ
豚太郎みそカツラーメン
カレーラーメン
みそバ ターラーメン・キムチトッピング
みよしのさっぽろみよしのセット、ぎょうざカレー弁当
天下一ホイコーロー定食、
レバニラ炒め定食
エビと卵のチリソース定食
手もみラーメン福しん半チャーハン、中華丼+おともラーメン
中華東秀東秀セット
こだわりらーめんゆきむら亭鉄板チャーハン
中華食堂一番館焼肉スタミナ炒飯、
うまから炒飯麻婆チャーハン、
おこげ入り肉あんかけチャーハ ン
元祖中華つけ麺大王大王つけ麺第110ばな
ぎょうざの満州ダブル餃子定食、かた焼きそば
珍来草加せんべいおこげ、かまたまラーメン

 

原作に出てくるのは、「餃子の王将」が第13、14ばな「餃子の聖地 その1、2」に登場、「元祖中華つけ麺大王」が第110ばな「ラーメンサバイバー その4」に登場します。
この2つ以外は原作には出てこない。
そういう意味では、第5話「名古屋めし包囲網」と同じく今回もかなりのオリジナルドラマです。
どちらも田口佳宏脚本、宝来忠昭監督のドラマです。

ところで、原作で登場しないお店ばかりなのはなぜなのか?
「名古屋めし」の場合は、原作で取り上げていないテーマだから、そもそも登場していないんです。
しかしラーメン店の場合は、第107ばな~第111ばな「ラーメンサバイバー その1~5」に色々と登場するのです。
しかしそれらはドラマには採用されないんです。
原作に登場したお店がドラマに採用されずに、登場しない店が出てくる。
なぜそんなことになっているのか・・・・そこは明日、触れたいと思います。

◆タチバナの熱い語り

今回のストーリーは、フードライターの犯人とタチバナとの「めしばな」が中心です。
犯人が知っている定番メニューとは違う、タチバナならではの推しメニューが見どころでした。

まずは原作にも出てくる2店から。
おっと、とはいっても今日は「餃子の王将」だけだった。

 

◇タチバナ「餃子の王将」を語る

餃子の王将が熱く語られる。

犯人「多くの中華店がひしめく中、餃子に特化することで成功したのが「餃子の王将」です。」

「餃子の王将」というと、やはり行き着くところは餃子だろう
餡の主役は鮮度と品質に拘った国産の豚肉とキャベツ。
餡の味付けがやや濃いが、それ以外はいたって普通の餃子だ
(中略)
犯人「僕はあえて、唐揚げを推したいですね。」
五島「僕も唐揚げ派です。お笑い芸人も言ってましたが、あの添えられているパウダーが最高なんですよね。」

俺も20代の頃はそうだった。今の俺の境地にたどり着くには、あと15年はかかるぞ。

「餃子の王将」で食べるのは「餃子」。
あまりにもベタなタチバナのイチオシですけど、そうじゃないんです。
原作では、第13ばな「餃子の聖地 その1」に登場しますが、そこではタチバナの熱い熱い思いが語られている。

餃子の王将は京都のチェーンだが、70年代後半には東京進出に成功していて、俺も10代の頃からおつきあいしている

多くの中華チェーンがひしめく中で、ここが頭一つ飛び抜けている理由はいわずもがな・・・「餃子」に特化したからだ。
中華チェーンの看板といえばラーメン」か「中華全般」という中で、サイドメニュー扱いだった「餃子」を前面に打ち出したというのは、「安さ」に特化したというのとほぼ同じこと。

が・・・しかし、ここで安さを売りにした店としてはありえないことが起こる。決定的に餃子がうまいんだ。
そこらの高級店よりも・・・いや・・・日本一かもしれん!
(中略)
若い頃は「王将」よりうまい店ぐらい山ほどあるだろうと思うもんだが・・・最終的に王将の餃子はかなりの上位だったことをあらためて知るという感じだな。

あそこの餃子は別に特別な仕上げをしているわけじゃない。
普通よりやや大きいサイズで餡の主役は豚肉とキャベツ。
餡の味付けがやや濃いが、それ以外はいたって普通の餃子だ。

逆に自分の「成長」を感じるのは、何十年の間に注文がどんどんストイックになっていったあたり。
10代、20代の頃は、とにかく腹が減っているから、炒飯、中華丼、天津飯といったごはんものに餃子のパターンが多かった。
ところが30代になると、これがビールと組み合わせるための餃子+おかずという概念に変化する。
で、いよいよ40代に入ると、いろんな誘惑と雑念を振り切って、こんな感じになってくる。餃子2つ・・・あとライス。
いわゆる「餃子ライス」だな。

懐具合によっては餃子1つとライスとか。
王将に入ったらただ餃子を楽しむ。そこに来るまでに30年かかった・・・。

30年かけて、ただの餃子にたどり着いた・・・うはぁ!すばらしい。
誘惑と雑念を振り払っての「餃子ライス」。ストイックですね!

ところで、餃子の餡について原作では「餡の主役は豚肉とキャベツ」とだけ言っていますけど、ドラマでは「鮮度と品質に拘った国産の」が加わっています。
ここはお店からの要望で入った宣伝文句じゃないかって思いますよ。(笑)

 

◇「王将」へのタチバナの純愛

もう1つ。王将への愛情表現

五島「最近の「餃子の王将」の勢いはすごいですよね。」

当初は俺もそのブレイクぶりを喜んだが、だんだん萎えてきてなあ。
俺だけがその良さに気づいてるハズだったクラスの女の子が、急にキレイになって、学校中の男子にチヤホヤされるようになった・・・そんな心境だ。

村中婦警に「めんどくさい男」と言われてしまう語りです。(笑)
でもね、この気持ち、もてない男ならわかるよね?
わたしには解る・・・(哀)。

ここも原作にもっと語ってもらいましょう。

盤石と思われたそんな俺と王将の関係に大きな亀裂が入ったんだ。
そのきっかけは忘れもしない2008年秋テレビのバラエティ番組で、王将が大々的に取り上げられた。
すさまじい行列だっただろ?

しかも同じ時期「不況の中で売上げを伸ばしている外食産業」ってくくりで、いろんなメディアがこぞって取り上げてな。
その結果、本場関西に比べて規模の小さい店が多い東京の店は、どこも行列が当たり前になっちまったんだ。

しばらくはそのブレイクぶりを喜んで行列に付き合ったが、いつまでたっても行列は減らない。
テレビで集まった新規の客が、その味に惚れてリピーターになってまた増えたんだろうな。ずっと大行列の状態が続いていた。

そうなってくると最初は応援していた俺も次第に気分が変わってくる、
いうなれば、俺だけが良さに気づいてるハズのクラスの地味な女の子が、急にキレイになって、学校中の男子にチヤホヤされるようになっていった・・・みたいな心境だな。

で、昨年になって、ついにキレちまった。
もういい・・・俺のことなんか忘れてくれ!!俺も忘れるから!
ついにやっちまった。「脱・王将宣言」だよ。

それから1年・・・ここに来てブームも落ち着いてきたのか、行列が途切れる瞬間をちらほら見かけるようになってきた。

タチバナはついに、「脱・王将宣言」までしてしまうんです。
哀しい片思いを自ら破談させてしまった。(笑)
原作での熱い熱い思いは、ドラマではサラリとしていますね。ちょい残念。

ちなみにブレイク火付け役の「バラエティ番組」とは、雨上がり決死隊のトーク番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)です。

 

◇タチバナ流王将餃子の食べ方。

ずいぶんと長くなってしまいましたけど、最後にもう1つの残念を。
原作では、タチバナが王将の餃子の食べ方を語ります。

ちなみに俺の場合、食べ方も変化していて。
10年前くらいから、添え置きの「タレ」も醤油もラー油も使わない「酢だけ派」に切り替わった
どの店の餃子でもというワケじゃないが、王将の餃子にはこれがあう。
未経験だったら一度は試してみる価値ありだぞ。

王将の餃子を酢だけで食べる。

餃子の餡に味が付いているタイプは酢だけで食べるって、なかなかいいですよ。

原作ではタチバナが熱く語る「酢だけ」流。
ドラマはどうなんでしょうか?

実は・・・

ドラマでは、まさに「酢だけ」なんです!

 

小皿を見てください!

酢しか入っていません。
ドラマのタチバナは、小皿に入れた酢で餃子を食べているでしょ?
気がつきましたか?

実に忠実に原作が再現されているじゃないですか!

これには感心しましたよ。芸が細かい!
しかしこのことは、ドラマでは全く語られないんですよ。
そこが「残念」なんです。

ということで、今日はここまで。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1