So-net無料ブログ作成
検索選択

サイフォンで落とした自家焙煎コーヒーが2杯いただける喫茶店モーニング とむとむ@つくば市 [食べある記]

日曜日の朝。
今朝は喫茶店のモーニングで朝食にしようか。

自家焙煎のコーヒーハウス「とむとむ」さんにカミサンと行ってみました。

408号線沿いにある、ちょっと変わったかたちの建物。

モーニング、懐かしい響きです。
私らが大学生のころには喫茶店があちことにあって、友人と話をしたり、デートをする場所だった。
朝は、トーストやゆで玉子がついたモーニングをいただき、タバコの煙ををくゆらせながらコーヒーをすするのは、普通の生活としてあった。
今では喫茶店自体がほとんどなくなってしまい、喫茶店でモーニングなんて風俗が廃れてしまったのかもしれない。
だから一層、喫茶店でモーニングって、私ら世代には懐かしい。
かの「名古屋のモーニング」とはかなり違う、シンプルなモーニングの話です。

そんな想いで店の駐車場に車を駐めると、ずいぶんとお客が来ているようだ。
店に入っていく客を見ると、あら、私と同年代みたい。まぁ要するにオジサン、オバサンの世代みたいだね。

お店に入ると、変わった器具が展示してある。

オリジナル焙煎機。ここから自家焙煎の試行錯誤が始まったんだそうです。

もちろん自家焙煎の豆も売っています

4人掛けの席は満席で、2人掛けでもいいですか?と、席に案内されました。
周りを見ると、やはり、私らと同年配の喫茶店モーニング世代達です。

 

店内は木造の高ーい天井。
広々とした空間です。

そのホールには、デーンとグランドピアノが置かれている。
ときどきコンサートが行われるそうです。

メニューを見ると、トーストとサラダのモーニングはゼロ円。
要するにコーヒーに無料でつけてくれるわけ。

コーヒーはサイフォンで2杯分。
それが税別で500円からだから、ずいぶんとお得な値段です。

それぞれのコーヒーの味のスコアが、<酸味-苦味><ライトボディ-フルボディ>を2軸にした平面に描かれています。
私は18番のマンデリンにしました。
フルボディで苦味が強い、という評価になっています。

しばらくしてコーヒーが運ばれてきました。
カップに1杯分を注いでくれて、でもまだサイフォンにもう1杯分入っています。

サイフォンには、プラスチックの蓋が乗せられて、埃の混入を防いでいます。

砂糖はグラニュー糖に茶色いコーヒーシュガーが混じっている。
私は砂糖を入れずにコーヒーをいただきますけどね。

モーニングのプレート。
焼きたてのトーストは、1枚分を半分に切ってあります。

レタスやトマトのサラダ

ゆで玉子もついている。
モーニングの基本形です。

ロイヤルシェフの「北海道ホイップバター」。
北海道産生乳100%のホイップバター。このバター、美味しいですよ。
もしかしたら雪印の製造かな?

グリーンフィールドの「ストロベリージャム」もついています。
使わなければおもり帰り。

モーニングのプレートのロゴマークが可愛いね。

今朝は、美味しいコーヒーをゆっくりと2杯いただきました。
のんびり、ゆったりとした朝食でした。
たまにこんなのもいいですね。

ごちそうさまでした。



関連ランキング:喫茶店 | ひたち野うしく駅


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0